ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

【ビジネスシヨウ TOKYO 2003】
ドコモブース、505iシリーズやFOMAなどをデモンストレーション

NTTドコモの展示ブース
 NTTドコモのブースでは、発売が待たれる505iシリーズ各機種や、sigmarion(シグマリオン)III、WRISTOMO、PDCとFOMAのデュアル端末などを触ることができた。また、ブース内でしか体験できないイベントを用意するなど、会場内でも一際盛況な様子だった。


505iシリーズ、21日に発売日発表か!?

505iシリーズのコーナーは大盛況だった
 ブースでは、505iシリーズ発表時に明らかにされた6機種全てを手にとることができた。端末の説明には、6月以降に発売されるとの明記されているほか、開発中の端末であること明記されていた。なお同社は21日、新端末の発売日などを発表すると報道関係者向けに予告しており、この中で、505iシリーズいずれかの端末の発売日が明らかになるものと見られる。


三菱電機製のD505i D505iを開いたところ

シャープ製のSH505i SH505iを開いたところ

パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のP505i P505iを開いたところ

NEC製のN505i N505iを開いたところ

富士通製のF505i F505iを開いたところ

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のSO505i SO505iは、505iシリーズ中でもユーザーの関心が高いようだった

腕時計型PHS「WRISTOMO」をデモンストレーション

 また、同社の腕時計PHS端末「WRISTOMO」も来場者の注目を集めており、説明員の腕に取り付けられた端末に質問が殺到している様子だった。同端末は、Webサイト上のみで販売を受け付けており、5月7日の発売日には販売サイトにアクセスしにくい状況が続き、販売開始後わずか10分で売り切れとなった。同社スタッフによれば、15日に販売された第2回の販売受付も、初回ほどのアクセス集中はなかったものの、やはり10分ほどで売り切れてしまったとのこと。3回目の受付は23日に行なわれるという。


WRISTOMOのコーナーは絶えず人だかりができていた 「想像した以上の注目」と説明員はWRISTOMOの反響について語った

キーボード付きPDA「sigmarionIII」の実機を展示

 ドコモブースでは、Windows CE .NET搭載のキーボード付きPDA「sigmarionIII」も実機に触ることができた。午前中にブースを訪れたときには「近日発売」の文字が表記されていたが、15時に発売日のアナウンスが行なわれると、端末のプレートが5月28日発売のプレートに一新された。

 sigmarionIIIでは、ワードやエクセルなどの文書を表示させることが可能だが、ファイルに書き込みを行なうことはできない。この点についてブースの説明員は、「社内でも書き込みできた方がいいという声があった」と語った。最終的に書き込みを可能にしなかったのは、「小さな端末にそこまでさせる必要はないのではないか」と考えたからだという。


15時で発売日が明らかにされた sigmarionIIよりもかなり薄くなっている

FOMAとPDCのデュアル端末などFOMA端末を紹介

 会場では、W-CDMA方式とPDC方式に両対応したデュアルモード端末「N2701」も参考出品として展示された。同端末は、NEC製のFOMA端末「N2051」をベースにしたFOMAとPDCのデュアル端末。今年3月に公開された時点では、6〜7月には発表したいと語っていたが、気になる発表時期について同社スタッフは「わからない」とするに留まった。同スタッフによれば、PDCとFOMAを1つの端末に収めることで、様々な障害が出てくるため、細かなバグの修正など課題がまだ残っているという。なお、同端末のiアプリは504iシリーズ相当となりiアプリDX対応ではないとのこと。同社スタッフは「あくまでベースはNEC製のFOMA端末」とコメントした。

 また、P2102Vのテレビ電話機能を使って、東京ディスニーランドや東京ドームシティLaQuaのスタッフとテレビ電話を体験できたほか、参考出品ながら、AV通信対応のPCカード型FOMA端末も出品された。具体的な発表日などは不明とのことだが、ブースではP2102Vと同PCカード型FOMA端末によるテレビ電話機能もデモンストレーションされた。

 加えて、19日に発表されたFOMA向け国際ローミングサービス「WORLD WING」のコーナーも設置され、対応端末を持ったスタッフが説明にあたっていた。同サービスでは、国内で利用している緑色のFOMAカードをGSM対応の端末に入れ換えるだけで、登録ユーザーはサポートするGMS圏での通話が可能となる。サービスは6月1日から開始される。


FOMAとPDCのデュアル端末「N2701」 FOMAのラインナップ

テレビ電話機能で東京ディズニーランドにいるスタッフと話ができる 参考出品となるPCカード型のFOMA端末

国際ローミング用に、モトローラ製端末「V66」をレンタルできる 「WORLD WING」 の案内

ブース内で楽しめる様々な企画を実施

 このほか、同ブースでは体験型のイベントやサービスなどを多数用意された。505iシリーズやP2102VなどFOMA端末を体験したユーザーには、iモードのロゴが刻まれたコインが渡され、ブース内に設置されたいわゆる“ガチャガチャ”でノベルティグッズがもらえる特典も用意された。また、ソニー・エリクソンのSO505iで撮影した画像を使ったプリントサービスや、メモリーのバックアップサービス、2次元バーコードリーダーを使ったデモンストレーションなども行われた。加えて、ブースを訪れたドコモユーザーにはミネラルウォーターとストラップがサービスされる企画や、ドコモが取り組んでいる環境活動を紹介するミニ映画シアターも盛況だった。

 なお、P2102Vの30分限定レンタルサービスも実施されており、免許証や必要事項を記入すると、会場内や屋外で30分間自由にP2102Vを利用できるイベントも実施。レンタル向けに20台のP2102Vが用意され、スタッフは「P2102Vで動画を撮影したり、充分楽しんで欲しい」と語った。


“ガチャガチャ”では、ドコモのノベルティグッズが手に入る iモードのロゴが入ったコイン

SO505iを使ってドコモブースオリジナルのフレームでプリントできる フレームは数種類から選択できる

本数限定でミネラルウォーターをプレゼント。ドコモユーザーはネックストラップももらえる P2102Vのレンタルサービス「気軽にご利用ください」とのこと


URL
  ビジネスシヨウ TOKYO 2003
  http://bs.noma.or.jp/
  NTTドコモ
  http://www.nttdocomo.co.jp/

関連記事
ドコモ、「505i」シリーズを発表
ドコモ、505iシリーズ6機種を公開
ドコモの腕時計型PHS、販売開始後わずか10分で初回分完売
ドコモ、腕時計型PHS「WRISTOMO」を開発
ドコモ、キーボード付きPDA「sigmarionIII」を5月28日発売
ドコモ、キーボード付きPDAの最新機種「sigmarionIII」
ドコモ、FOMAとPDCのデュアルモード端末「N2701」を公開


(津田 啓夢)
2003/05/20 20:17

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.