ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

【TRONSHOW2004】
ドコモ、カード型FOMA端末を装着する携帯電話型試作機など

TRONSHOW2004
 12月11日〜13日の3日間、東京国際フォーラムでトロンプロジェクトやT-Engineフォーラムの最新技術を紹介する展示会「TRONSHOW2004」が開催されている。イベントでは昨年開催された「TRONSHOW2003」よりも、より生活に密着した技術が紹介されていた。本誌では、携帯電話関連の技術を中心にお伝えする。


ドコモ、Wireless T-Engineを採用した試作機を展示

Wireless T-Engine仕様の携帯電話型試作機
 NTTドコモのブースでは、Wireless T-Engineのリファレンスボードを使った携帯電話タイプの試作機を展示。折りたたみ型の端末で、PCカードタイプのFOMA端末を装着して利用する。

 Wireless T-Engineは、Wireless T-Engine WGで規定された次世代携帯電話向けのオープンプラットフォーム。ドコモでは、今回の展示で初めてWireless T-Engine仕様の携帯電話型試作機を紹介した。

 端末は2.2インチ、QVGA(240×320ドット)のカラー液晶をメイン・サブ両方のディスプレイに搭載し、端末底面にスライドシャッター付きの30万画素カメラ、端末を開くとディスプレイ上部にももう1つ30万画素カメラを装備する。SDカードにも対応している。

 Webブラウジング、メール、カメラの利用が可能で、今回の試作機はこの3つのアプリケーションを現状と異なるプラットフォーム(Wireless T-Engine)で動作するかどうか検証するためのもの。説明員によれば、これまでの試作機の堅苦しいイメージを払拭するため、現実的なデザインを取り入れたとのこと。製品化の予定はなく、今後このような試作機を継続して作っていくかどうかも決まっていないという。

 なお、会場ではFOMAの電波が届かないため、カード型のFOMA端末は装着されておらず、デモンストレーションに制限があった。試作機に自由に触ることはできる。


試作機とあって端末は大きい 底面部にカメラを搭載

側面部 端末上部にPCカードタイプのFOMA端末を装着する

凸版、ICタグ内蔵点字ブロックを使った障害者向けITS

マップ上の点字ブロックをタグリーダでタッチする
 凸版印刷は、路上の点字ブロックにICタグを埋め込んだ視覚障害者向け経路誘導システム「歩行者ITS」を紹介した。

 歩行者用道路などに設置されている点字ブロックにICタグを埋め込み、タグリーダ搭載の白杖で位置情報を取得、その位置情報とユーザーが身に付けた方向センサーの情報を元に、携帯電話やPDAなどで経路案内を行なうもの。視覚障害者が杖をつきながら点字ブロック上を歩行すると、目的地まで音声ガイドする。

 デモでは、マップ上の点字ブロックをタグリーダでタッチすると、携帯電話上に地図が表示され音声を読み上げる一連の仕組みが体験できた。携帯電話上に地図が表示されるが、視覚障害者向けのサービスとあって、あくまで音声ガイドに重点を置いているようだ。

 凸版印刷では、障害者向け歩行者ITSを日立製作所や日立エンジニアリングなどとともに実用段階まで高めていきたいとしている。また、今後課題となるのは、音声ガイドの際のバッテリーの問題や、公共インフラとして施設する場合に必要な莫大なコストなど多岐に渡るとしており、実現の目処についてはまだまだ先といった現状のようだ。

 ただし、今回の技術は国土交通省の検討会などでも提案されているもので、凸版印刷以外の企業も歩行者ITSの開発を進めているとのこと。


タグリーダと携帯電話 白杖(はくじょう)の先端にタグリーダを装着する

携帯電話に地図表示するとともに音声ガイドも流れる 実現はもう少し先の話になるようだ

アプリックス、JBlend搭載の腕時計を参考出品

 アプリックスのブースでは、同社の情報家電向けJava実行環境「JBlend」を搭載した腕時計が展示された。Javaアプリをダウンロードして、洋服を着替えるように様々な時計が楽しめるという。

 携帯電話のサブディスプレイ型の液晶画面を搭載し、洋服を着替えるように様々なJava時計が楽しめるという。参考出品の端末では通信機能は搭載されておらず、あくまでJBlendを搭載したのみ。今後時計メーカーなどに紹介していくという。

 なお、この腕時計型端末は昨年夏の同社記者会見で明らかにされたもの。


JBlend搭載腕時計 今後、時計メーカーに紹介していくという


URL
  TRONSHOW2004
  http://www.tron.org/show.html
  NTTドコモ
  http://www.nttdocomo.co.jp/
  凸版印刷
  http://www.toppan.co.jp/
  アプリックス
  http://www.aplix.co.jp/

関連記事
TRONプロジェクトのシンポジウム「TRONSHOW2003」開催
アプリックス、「JBlend」搭載端末出荷数が1000万台を突破


(津田 啓夢)
2003/12/11 16:09

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.