ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

【WIRELESS JAPAN 2004】
ドコモ平野氏、iモード FeliCa利用の新ビジネスモデルを明らかに

NTTドコモ プロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部の平野 敦士氏
 22日、「WIRELESS JAPAN 2004」のコンファレンスに登場したNTTドコモ プロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部の平野 敦士氏は、「iモードのリアル連携について〜iモード FeliCaのアライアンス戦略〜」と題した講演の中で、iモード FeliCaを利用した新たなビジネスモデルの考えを示した。

 同氏が語った新ビジネスモデルは、エンドユーザーが導入企業でサービスを利用すると、売上に応じて導入企業がドコモに対して手数料を支払うというもの。ドコモがリーダー・ライターなどiモード FeliCaの初期費用を支払う形が想定されており、iモード FeliCaに対応したい店舗や企業にとっては対応サービスを開始しやすいというメリットがある。

 平野氏は「iモード FeliCaを導入したい企業は数多くあるが、初期コストといった参入障壁が存在する。これに対して、一種のプロジェクトファイナンスをやっていこうと考えている。店舗の売り上げに連動して手数料を支払ってもらう形になるだろう。いくつかの企業と話しているが、ほぼ確定した企業もある」と語り、現在検討中ではあるものの、近日詳細が明らかにされるとした。

 ドコモではかねてより通信トラフィックに依存した現状のビジネスモデルからの脱却を目指すとしており、iモード FeliCaは新たな収益源の1つとされる。今回明かされたプランは、iモード FeliCaを利用したビジネスモデルとして、より具体的なイメージが提示されたことになる。

 平野氏は講演の中で、これまで同社が提供してきたさまざまなサービスや携帯電話の機能を説明した。同氏は「これまでの携帯電話は“縦の進化”としてさまざまな機能を搭載してきた」と語り、赤外線通信機能やQRコード、FeliCaを紹介。携帯電話に搭載されるインターフェイスとして「RFIDとBluetoothを標準搭載するかどうかは今後の市場動向を見て判断していく」との考えを示した。


平野氏は、携帯電話の高機能化を「縦の進化」と表現 一方、「横の進化」は他社との協力関係拡大のことだ

 続けて平野氏は「横の進化は、いわゆるアライアンス。1企業が単独ではやっていけない。多くの企業と連携していく必要がある」と述べ、iモード FeliCa関連のサービスを説明した。同氏は、iモード FeliCaの基本的な戦略として「ユーザーを他社から乗換させる」「FeliCaを拡大・普及させる」などを掲げた。このうち「FeliCaの普及」に関して同氏は「他キャリアも非接触IC搭載の携帯電話を提供するだろう」と述べた。また、「F900iC」の発売時期は「7月下旬〜8月上旬になるのではないか」との見通しを示した。

 サービスの基本として重要なのは「キャリア、サービス提供事業者、端末メーカー、ユーザーといずれにとってもメリットがあること」と指摘した平野氏はスーパーマーケットを展開するアサノの事例を紹介。FeliCaやEdyといったものをアピールしなくても、購入金額に応じて翌月の割引率を設定するといったメリットによって、年配のユーザーでも非接触ICによる決済を利用しているという。同氏は「一番大事なのは、ユーザーにおけるメリット。メリットがなければ広がらないだろう。ドコモはさまざまな企業との提携を行ない、iモード FeliCaを広げていきたい」と語り、今後も意欲的に他社との連携、アライアンスに注力していく方針であるとした。


アサノでの事例を紹介 平野氏が示した「iモード FeliCa」の戦略


URL
  NTTドコモ
  http://www.nttdocomo.co.jp/
  WIRELESS JAPAN 2004
  http://www.ric.co.jp/expo/wj2004/

関連記事
国内最大級のモバイル関連イベント開幕


(関口 聖)
2004/07/22 16:36

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.