ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

【CEATEC JAPAN 2004】
三洋、観音開きの3G向けコンセプトモデルなど

三洋電機ブース
 三洋電機のブースでは、無線LANモジュールを搭載した3Gコンセプトモデルなどが展示されていた。

 今回明らかになったコンセプトモデルは、同社が3G方式の携帯電話として製品化を目指す無線LANモジュールを内蔵した携帯電話。ディスプレイが搭載されている中央のボディの上下に、ヒンジを搭載し観音開きのように、左右のボディに操作キーなどが配されている。端末の開き方によってさまざまなスタイルで利用可能、2つヒンジは両方とも回転式となっているため、コンテンツビューワーやゲーム、カメラ撮影などの利用シーンに合わせて多彩なスタイルが楽しめるという。

 また、自分のスタイルに合わせて数字キーや方向キーを替えることも可能となっている。

 スタッフによれば、内蔵の無線LANモジュールはIEEE802.11gを想定しているという。2〜3年後に国内での商品化を目指して開発を進めているが、現時点でW-CDMAやCDMA2000 1xといった通信方式は特に決めていないとのこと。


コンセプトモデル。こちらはビューワーモード 通常の折りたたみ型端末のように使うことも可能

メール・Webモード 端末を閉じると、すっきりとしたデザインに

 このほか、地上デジタル放送に対応した携帯電話などのデモンストレーションなども行なわれていた。展示用の実験局を設置し、実際に放送波を配信したデモだったが、映像は特に乱れることなく表示されていた。ブースでは、地デジ対応携帯電話の巨大なモックアップを設置しアピールしていた。


地上デジタル放送対応携帯電話 今回のデモのシステムを紹介 巨大なモックアップでアピールしていた


URL
  CEATEC JAPAN 2004
  http://www.ceatec.com/
  三洋電機
  http://www.sanyo.co.jp/


(津田 啓夢)
2004/10/05 21:08

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.