ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

【NOKIA Launch Event in Malaysia】
ノキア、マレーシアで4GB HDD内蔵ケータイなどを披露
〜日本語サポートを明言、国内販売の可能性も

4GB HDD搭載のミュージックプレーヤーケータイ「N91」
 ノキアは27日、報道関係者やビジネスパートナーを集め、新端末「Nシリーズ」の発表イベントをマレーシアのクアラルンプールで大々的に行なった。発表会では、4GBのハードディスクドライブ(HDD)を搭載し、ミュージックプレーヤー機能が特徴の「N91」、カールツァイス製レンズを採用した回転式の200万画素カメラを備えた「N90」、200万画素カメラ搭載のスタンダードモデル「N70」の3機種を披露した。

 会場では、欧州で売り出し中の女性4人組ユニットによるミニコンサートや和太鼓のパフォーマンスが行なわれ、カクテルが振る舞われるという華やいだ雰囲気の中、大量の実機を展示。「N90」は2005年第2四半期に、「N91」は2005年末に、「N70」は2005年第3四半期に登場予定で、参考価格は「N90」および「N91」が500ユーロ、「N70」が400ユーロとなっている。なお、「N90」および「N91」の対応言語の中には日本語も含まれているという。ただし、国内販売については「未定」とのこと。

 ノキアの新たなラインナップとなった“N”シリーズは、「New」「Next」などの意味を込めた型番。「従来の4ケタの型番ではわかりにくくなってきており、新たなブランド戦略として必要だった」としており、今後は別のアルファベットのシリーズも生まれる予定だという。今回のNシリーズでは音楽再生やカメラ機能など、AV機能が特徴だ。


発表会はカクテルパーティ形式で行なわれた パフォーマンスを交えながらイベントは進行

注目を集めたN91
 特に注目を集めていたのが4GBのHDD搭載ミュージックプレーヤーケータイ「N91」だ。イベントでは、大規模な実機展示が行なわれ、Harman Kardonのシステムスピーカーと接続し、大音量で音楽を楽しめるデモも披露された。192bpsのMP3データを再生させ、実際にヘッドフォンで鑑賞してみたが、低音から高音までバランスのとれた音質で、筆者が普段利用しているiPod shuffleと比べても遜色ないクオリティだった。MP3/AAC/WMA/Real V8と幅広いコーデックに対応。最大12.5時間の連続再生が可能で、まさに専用機並みの機能を備えた1台だ。再生時の着信動作など割り込み処理に関しても「着信時には自動的に再生は止まるようになっている」とのこと。

 パソコンに格納された楽曲データの転送には本体同梱の「Nokia PC Suite」を使用する。ドラッグ&ドロップで操作できる。また、ダウンロード配信により音楽ファイルを取得することも可能。接続にはUSBケーブルのほか、無線LAN(IEEE 802.11b/g)、Bluetoothといった無線通信規格もサポートしている。また、BluetoothやMMSを使って、プレイリストを友人と共有する機能もウリのひとつになっている。


カメラは背面に 左側面から見たところ

こちらは右側 Harman KardonのウーファーシステムとN91を接続したデモ。コンポさながらの迫力だ

回転式2メガピクセルカメラ搭載のビジュアル機能重視端末「N90」
 「N90」は、なんといってもカールツァイスのレンズを採用した200万画素カメラが特徴。折りたたみ型端末のヒンジ部にカメラを搭載、さらに2軸ヒンジが採用されており、ビデオカメラのような操作が可能になっている。

 カメラはオートフォーカス対応で最大20倍のデジタルズーム機能を搭載。動画記録機能が大きなウリになっており、CIFサイズ(352×288)で、15fpsの動画を1時間以上記録可能。撮影画像および動画は端末上で編集可能なほか、同梱されるパソコンソフト、Adobe Photoshop Album StarterやAdobe Mobile Video Editorで管理、編集できるようになっている。

 会場では、撮影画像をBluetoothでプリンタに転送して印刷するワイヤレスプリントや、USBケーブルで直接プリンタに接続するPictBridge印刷もデモされていた。会場ではやはりカメラ機能に注目する人が多く、盛んに動画を撮影する人が見受けられた。


カメラを回転させて撮影できる インパクトのあるギミック

開いたところ 大きさは112×52×24mm、重さは約173g

パソコンに取り込んだ動画は「Adobe Mobile Video Editor」で編集可能 N90とhpのプリンタを使ってワイヤレスプリントのデモも

2メガピクセルカメラを搭載したスタンダードモデル「N70」
 「N70」は、200万画素カメラを搭載したNシリーズの中でスタンダードモデルとなる端末。FMラジオ機能、Bluetooth機能をサポートするほか、3Dゲームを実行可能。RS-MMCに保存した音楽ファイルを再生するミュージックプレーヤー機能も搭載している。

 会場では、インパクトの強い「N90」および「N91」に注目が集まっていたようで、やや控えめなデビューとなったようだ。

 なお、今回発表されたシリーズはいずれもW-CDMA/GSM端末。本体はアルミニウムを使用した仕上げが施されており、現在日本で流通しているノキアの702NK(Nokia 6630)とはやや異なり、金属の質感を前面に押し出した感触だ。ボタンのクリック感もよく、ハードウェア自体の操作性はかなりよい。なお、Symbian OS Series 60をサポートし、対応ソフトウェアや、パソコンとのPIM情報の連携なども行なえる。


200万画素カメラはここ 大量の実機が展示されていた


URL
  Nシリーズ 製品情報
  http://www.nokia.com/nseries/

関連記事
ノキア、4GB HDD搭載などマルチメディア強化端末「Nシリーズ」


(伊藤 大地)
2005/04/28 12:04

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.