ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

【WILLCOM FORUM & EXPO 2007】
10種類以上のコンセプトモデル、次世代PHSをデモ展示

WZ001

WZ001
 展示会場内には、さまざまな出展コーナーが軒を連ねているが、12日15時の開場直後から報道陣と一般来場客でごった返していたエリアがコンセプトモデルの展示コーナー。音声端末やW-SIM対応端末、データ通信端末と、多岐に渡るラインナップが展示されている。なお、いずれもケース内展示となっており、実際に触れることはできない。

 まず、音声端末では「WZ001 push-up(プッシュアップ)」というモデルが用意されている。こちらはキー操作でディスプレイ部がスライドするという機構を採用し、待受時は画面サイズを小さくし、メールやWebブラウジングを行なう際はフル画面という形で利用するというイメージになる。同じく音声端末のコンセプトモデル「WZ002」はcompact-shell(コンパクトシェル)と紹介されており、丸みを強調した折りたたみ型モデル。ボディの外側は黒、開けると内側はシルバー調に統一され、テンキー部分は透明感のある素材が採用されている。


裏面から見たWZ001 WZ002
裏面から見たWZ001 WZ002

WP001

WP001
 W-SIM端末で、唯一、既存モデルをベースにしたコンセプトモデルとして展示されていたのが「WP001 W-ZERO3 future editoin(フューチャーエディション)」だ。ラグジュアリー感を演出するモデルとして展示されている。説明用パネルには、2軸ヒンジを採用し、ワンセグ視聴機能や500万画素カメラを搭載すると記されている。また、ケース内に展示されているモデルを見ると、2つのW-SIMを装着できるようになっており、高速通信とマルチファンクションの実行を可能にするという。


W-SIMを2つ装着できる 裏から見たところ
W-SIMを2つ装着できる 裏から見たところ

WP002 waterproof viewer

WP002 waterproof viewer

イエデン

イエデン
 このほかW-SIM対応端末のコンセプトモデルとして、防水型コンテンツビューアー「WP002 waterproof viewer」、喜久川氏の講演でも紹介された「WP003 plamo phone」や「WP004 hard customize(ハードカスタマイズ)」、固定との融合サービス向けで黒電話を模した「WP005 イエデン」が紹介されていた。

 ユニークなものとしては、懐中電灯・ラジオ・緊急通報装置を一体化させた「WP006 あんしんバー」、くまの人形に通信機能を付加し、右手を握れば母親に、左手を握れば父親に電話をかけ、着信は耳が震えて鼻を押せば受話できるという「WP013 くまふぉん」、親族から離れて暮らす高齢者の家電使用状況をチェックできる「WP012 あんしんタップ」も展示されている。このほか、ヘッドホン型で音楽を楽しめるW-SIM対応端末や、据置テレビでメール送受信などを可能にするモデル、従来と大きく異なるデザインを採用したデータ通信端末、micorSD対応型や5GBメモリ内蔵型、無線LAN内蔵型といったW-SIMのコンセプトモデルが展示されている。

 イベントそのものがエンドユーザーではなく、同社のビジネスパートナー向けという位置付けになっていることもあり、いずれのコンセプトモデルもウィルコムから端末メーカーへの提案という意味合いを込めて、展示されることになったという。担当者は「W-SIMは生活のさまざまなシーンに溶け込める。これまではイラストで紹介してきたこともあったが、より具体的なイメージで提案すべく、コンセプトモデルという形に仕上げた」と説明していた。いずれのモデルも、技術的には実現が見込めるとのことで、市場性があると判断されれば、実際に発売される可能性もある。


plamo phone 外装のカラーバリエーションは複数展示されていた WP004 hard customize
plamo phone 外装のカラーバリエーションは複数展示されていた WP004 hard customize

カメラモジュール キーを3つ備えたGPSモジュール 指紋認証モジュール
カメラモジュール キーを3つ備えたGPSモジュール 指紋認証モジュール

端末をUSB型データ通信端末にできるモジュール 大型バッテリー そして本体部
端末をUSB型データ通信端末にできるモジュール 大型バッテリー そして本体部

懐中電灯・ラジオ・緊急通報装置を一体化させた「WP006 あんしんバー」 円筒型というのも例がない形状
懐中電灯・ラジオ・緊急通報装置を一体化させた「WP006 あんしんバー」 円筒型というのも例がない形状 ヘッドホン型

音楽機能の操作部 反対側にW-SIMスロット 耳を覆うタイプのヘッドホン
音楽機能の操作部 反対側にW-SIMスロット 耳を覆うタイプのヘッドホン

WP013 くまふぉん 内部機構のイメージ WP012 あんしんタップ
WP013 くまふぉん 内部機構のイメージ WP012 あんしんタップ

テレビ接続型の「WP014 TVめ〜る」 奇抜な形状のUSB接続型 こちらはExpressCard型
テレビ接続型の「WP014 TVめ〜る」 奇抜な形状のUSB接続型 こちらはExpressCard型

W-SIMのコンセプトモデル 過去の展示会でも披露されていた、W-SIM対応のルーター
W-SIMのコンセプトモデル 過去の展示会でも披露されていた、W-SIM対応のルーター

国内初の次世代PHSデモ

次世代PHSのコーナー

次世代PHSのコーナー
 かねてより同社が開発を進める次世代PHS技術だが、今回のイベント会場では、実験に用いている基地局と端末を用いた通信デモが披露された。

 どちらも三洋電機製で、基地局から高品位映像データを端末が受信するという形で通信速度を示していた。利用する周波数帯は2.5GHz帯で、実験では20MHz幅で通信している。今回のデモでは、ダウンロード速度が20Mbps前後になっている様子が示されていたが、担当者は「時分割なので、上り下り同時に20Mbpsを実現できる」と説明していた。

 これまで、技術的な特徴が紹介される機会はあったものの、イベント会場での展示は今回が初めてで、その性能に触れる貴重な機会となっている。


基地局 端末 説明パネル
基地局 端末 説明パネル

20Mbpsという通信速度をアピール 移動局での実験も 移動実験局は京セラ製。実験結果は未公表
20Mbpsという通信速度をアピール 移動局での実験も 移動実験局は京セラ製。実験結果は未公表


URL
  WILLCOM FORUM & EXPO 2007
  http://www.willcom-forum.jp/

関連記事
ウィルコムのプライベートイベントが開幕


(関口 聖)
2007/04/12 20:38

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.