ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

【CEATEC JAPAN 2008】
ドコモ、80cm先に20インチの画面「プロジェクターケータイ」

プロジェクターケータイと投射の様子

概要
 幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2008」のNTTドコモのブースでは、小型のプロジェクターを搭載した「プロジェクターケータイ」が参考出展されている。

 「プロジェクターケータイ」は、その名前の通り、小型のプロジェクターを本体側に搭載した携帯電話。シャープ製の端末がベースになっていた。80cmの距離で20インチ相当、暗い場所なら2m弱の距離で50インチ相当の画面を投射できるという。光源はLEDで、輝度は7〜8ルーメン、解像度は480×320(ハーフVGA)。現在は、携帯電話のバッテリーで駆動させると30分程度の使用時間とのことで、今後は2時間の使用時間を目標に開発を行なっていくとのことだった。

 表示できるのは、動画や静止画、PDF、テレビ電話、iアプリなどで、さまざまなコンテンツに対応する。

 展示された試作機は携帯電話と一体型だったが、ブースの説明員によれば「セパレート型もありではないか」としていた。


投射レンズ付近 試作機ということでそれなりに厚みもある

こちらはコンセプトモックで、ゲーム向けのイメージ こちらは動画コンテンツ向けのコンセプトモック


URL
  CEATEC JAPAN 2008
  http://www.ceatec.com/
  NTTドコモ
  http://www.nttdocomo.co.jp/

関連記事
幕張メッセでIT・エレクトロニクスの総合展示会


(太田 亮三)
2008/09/30 17:56

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.