ケータイ Watch
インタビューバックナンバー

「SH-06A NERV」企画者インタビュー
“初号機”に込められたこだわりを聞く
[2009/06/23]



「P-08A」開発者インタビュー
“P”らしく進化させたスライドケータイ
[2009/06/23]



「P-09A」開発者インタビュー
基本機能が充実、ハイエンド志向の薄型ケータイ
[2009/06/19]



シャープにソフトバンク向け夏モデルを聞く
新規デバイス搭載で個性的なラインナップを実現
[2009/06/18]



「N-08A」「N-09A」開発者インタビュー
携帯デザインをエモーショナルに、μシリーズの進化の形
[2009/06/17]



「P-10A」開発者インタビュー
“防水Wオープン”の難しさと開発の狙い
[2009/06/12]



「K002」開発者インタビュー
10.9mmに実用性とデザイン性を備えた大人の携帯
[2009/06/03]



「T-01A」開発者インタビュー
「Snapdragon」を搭載した東芝製スマートフォンの魅力
[2009/05/27]



「N-06A」開発者インタビュー
無線LANでケータイの使い方を変えるNEC
[2009/05/22]



「832P」開発者インタビュー
デザイン・機能のバランスを追求、頼りになる薄型ケータイ
[2009/05/22]



「P-07A」開発者インタビュー
“トリニティ”になったWオープンの進化を聞く
[2009/05/22]



「S001」開発者インタビュー
ケータイらしさを取り込んだ新Cyber-shotケータイ
[2009/04/09]



「モバイルウィジェット」企画者インタビュー
オープンと待受常駐を武器にウィジェット市場を切り開く
[2009/04/01]



「WX340K」「BAUM」開発者インタビュー
PHSシングルユーザーを満足させる2モデル
[2009/03/17]



「930P」開発者インタビュー
ゲームやネットとの親和性を追求したWオープンケータイ
[2009/03/11]



「P001」開発者インタビュー
パナソニック初のKCP+ケータイ、開発背景や新液晶の特徴を聞く
[2009/03/05]



「NSシリーズ」開発者インタビュー
auが未来に継承したいと考える新しいチャレンジ
[2009/03/03]



「K001」開発者インタビュー
子供が持ちたくなるようなケータイを目指す
[2009/03/02]



「830N」開発者インタビュー
若者の直感に訴えかけるNEC的スライド端末
[2009/02/27]



「SH001」開発者インタビュー
8メガCCDを搭載したスタイリッシュな高感度カメラケータイ
[2009/02/23]



「930CA」開発者インタビュー
すぐに撮れることにこだわった高速起動とスライドデザイン
[2009/02/19]



「Walkman Phone, Premier3」開発者インタビュー
“ケータイで音楽”をさらに広げる普遍的なWalkman Phone
[2009/02/18]



「831SH」「932SH」開発者インタビュー
ダブルワンセグのAQUOSケータイとワンランク上のスタンダードモデル
[2009/02/16]



「CA001」開発者インタビュー
タッチパネルを搭載したカシオのスタンダード端末
[2009/02/12]



「H001」開発者インタビュー
3D液晶搭載の4代目Woooケータイの狙い
[2009/02/06]



「F-01A」「F-03A」開発者インタビュー
「ヒトに合わせる」を考えチャレンジを続けるFシリーズ
[2009/02/06]



「SH-04A」開発者インタビュー
タッチとフルキーで携帯の新しい流れを提案
[2009/02/05]



「P-04A/P-05A」開発者インタビュー
薄さ9.8mmにこだわりながらGSMに対応
[2009/02/03]



「N-04A」開発者インタビュー
amadanaとのコラボで生まれたNEC初のスライド端末
[2009/01/28]



「P-02A」開発者インタビュー
“D”の遺伝子を受け継ぐ「継承と進化」のスライドケータイ
[2009/01/27]



ケータイユーザーの“本音”
教師側から見たケータイ文化
[2009/04/17]



ケータイユーザーの“本音”
女子高生に聞いた10代後半のケータイ事情
[2009/03/04]



気になる携帯関連イベント
“ケータイソムリエ”を養成する「モバイル実務検定」
[2009/01/22]



キーパーソンインタビュー
Huawei担当者が語るデータ通信端末戦略
[2009/04/23]



キーパーソンインタビュー
UQ WiMAXに聞く、WiMAXがもたらすインパクト
[2009/02/26]



キーパーソンインタビュー
マイクロソフト越川氏に「Windows Phone」戦略を聞く
[2009/02/25]



キーパーソンインタビュー
オープンOSとフルタッチの台頭――ドコモ辻村氏が語る今後のケータイ
[2009/02/19]



キーパーソンインタビュー
イー・モバイル 阿部副社長が語る2009年の目標
[2009/01/13]



気になる携帯関連技術
技術とコンテンツの融合を目指すプライムワークス
[2009/02/13]



気になる携帯関連技術
UIに新たな可能性をもたらす音声認識
[2009/01/16]



【キーパーソン・インタビュー】
請負から提案へ、東芝の目指すモバイルインターネットの世界
[2009/06/09]



【キーパーソン・インタビュー】
KDDI高橋誠氏に聞く、夏モデルから始まるauの反転攻勢
[2009/05/27]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年
クアルコムジャパン山田社長に聞く
3Gケータイを支えるクアルコムが目指すこと

 3G携帯電話の普及が進む中、さらなる高速化を求める声も出てきた。CDMA技術の鍵を握るクアルコムは今、何を考えているのか。クアルコムジャパンの代表取締役社長、山田純氏に聞いた。


山田純氏

クアルコムジャパン
代表取締役社長
山田純氏
――KDDIがCDMA2000 1xEV-DO Rev.Aを2006年中にも提供すると発表しています。御社もここに大きく関わっていくことになると思いますが、現時点でどのようなロードマップを描いているのでしょう?

山田氏
 Rev.Aの特長は、とにかく「オールIP」ということに尽きます。無線回線を通すデータを音声も含めて全てIP化することが可能になります。特に音声の場合、極めてディレイ(遅延)に敏感ですが、Rev.Aであれば問題ありません。これが全国津々浦々で利用できるようになるというのは、まさに究極の解だと思ってはいるのですが、人間の欲求というものは凄まじいもので、「もっともっと」と言われてしまいます。

 そこで、現時点で我々が提供できる解として、「マルチキャリア」という方式を提案して行こうと考えています。元々、CDMA2000 1Xで「1X」と言っていたのは、1Xを1.25MHzの帯域幅を使用するという一つの単位として定義し、これを束ねて利用できるようにしようという発想があったからです。5年ほど前には「3X」ということも言っていました。いよいよ、これを日の当たる場所に持ってくるタイミングになったのではないかと考えています。


ロードマップ

CDMA2000のロードマップ
 現在、「15X」というところまでを視野に入れて技術開発を進めています。15Xとなると20MHz近くの帯域幅を使用することになりますから、もちろん、それだけの帯域幅をどこから持ってくるという話はあるのですが、1XのRev.Aで3Mbps出るとすれば、単純に考えて15Xなら15倍の45Mbpsを実現できることになります。これと「MIMO(Multiple-Input-Multiple-Output)」のような技術を組み合わせて使うと、俗に光ファイバー並と言われる100Mbps近いスピードが現実のものとなります。

――WiMAXやiBurstなど、新たな通信方式も注目されていますが、これらについてはどう見ていますか?

山田氏
 当然、それらの技術についても検討は進めていますが、マクロセルでもない、完全なピコセルでもない、なんとなく数百m〜1kmをカバーします、20MHzのバンド幅があれば高速通信できますというようなものを、新規のインフラとして今から敷設して、はたして本当に経済合理性があるのかどうかというと、疑問が残ります。

 とりわけ日本のような先進国、シンガポールのような都市国家では、早くからADSLや光ファイバーなどのランドラインが普及しており、無線LANを使ったいわゆるホットスポットが提供可能な状況になっています。結局、これらの地域では3Gケータイと無線LANのインテグレーションがあれば、おおかた期待されているようなサービスは実現できるのではないかと考えています。ですから、クアルコムとしては、802.11系の技術開発に注力し、3Gとの融合を進めて行こうとしています。


――BREWについては、どのような戦略を持っているのでしょうか。

山田氏
 現在、2つの取り組みが着実に進んでいます。1つは、完全マルチタスクで、プロセスごとにメモリプロテクションされるという実行環境を実現するというものです。エンドユーザーやコンテンツプロバイダーなどには直接関係のないことですから、今年はあまり大きくプロモーションしていません。ただ、端末メーカーなどにとっては大変重要なことですから、こちらのコミュニティには今後1年ほどかけてお伝えして行こうとしています。LinuxやSymbianといったプラットフォームが日本にも入ってきていますが、我々としては、それらと同等以上の実行環境になるということをアピールしていきたいと考えています。

 もう1つは、先頃行なわれたBREW Conferenceでも説明があった「uiOne」です。XMLで携帯電話のユーザーインターフェイス(UI)を作れるようにしようというものです。C/C++にしても、Javaにしても同じことが言えるのですが、UIを持ったアプリの開発には労力がかかります。uiOneが使えるようになると、ここにWebデベロッパーやコンテンツプロバイダーが参加できることになります。


uiOne

uiOneのイメージ
――やはりUIは重要だということでしょうか。

山田氏
 欧米であれだけ売れているノキアやモトローラの端末をそのまま日本に持ってきてローカライズして売ってみたがダメだった、というような状況を目の当たりにするにつけ、UIは重要なのだと思い知らされます。何とも表現しづらいのですが、そこにはやはり市場性や国民性といったものが横たわっています。この差をUIで吸収できるのではないかと考えたのです。

 日本ではメニューの着せ替え程度、パソコンのソフトで言うスキンのようなものとお考えの方が多いようですが、uiOneではもっと深いレベルまでカスタマイズできるようになっています。

 ただ、そのためには、携帯電話の基本機能をXMLからコントロールできるようにする必要があります。メーカーさんには携帯電話の開発の仕方を大きく変えてもらわなければならないかもしれません。メールソフトで言えば、メールを取得するエンジン、メールのデータを保存しておくデータベースなど、現在は全てが一体となっているようなものも、それぞれモジュール化してAPIとして呼び出せるようにしてもらわなければなりません。

――あまり注目されていませんでしたが、5月にNECとW-CDMAのネットワーク上でGPSシステムの運用試験に成功したというリリースを出されていますね。

山田氏
 W-CDMA方式を採用されている通信事業者さんも、いよいよKDDIさんのようなGPSサービスを提供できる準備が整ったということです。近い将来、日本国内でもサービスが開始されることでしょう。

――お忙しい中、ありがとうございました。



URL
  クアルコムジャパン
  http://www.qualcomm.co.jp/

関連記事
KDDI、「EV-DO Rev.A」を2006年導入〜固定網との融合も
KDDI、IEEE802.16e方式の実証実験を開始
米クアルコム、HSDPAやBREWなどを紹介


(湯野 康隆)
2005/07/05 11:57

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.