ケータイ Watch
インタビューバックナンバー

「SH-06A NERV」企画者インタビュー
“初号機”に込められたこだわりを聞く
[2009/06/23]



「P-08A」開発者インタビュー
“P”らしく進化させたスライドケータイ
[2009/06/23]



「P-09A」開発者インタビュー
基本機能が充実、ハイエンド志向の薄型ケータイ
[2009/06/19]



シャープにソフトバンク向け夏モデルを聞く
新規デバイス搭載で個性的なラインナップを実現
[2009/06/18]



「N-08A」「N-09A」開発者インタビュー
携帯デザインをエモーショナルに、μシリーズの進化の形
[2009/06/17]



「P-10A」開発者インタビュー
“防水Wオープン”の難しさと開発の狙い
[2009/06/12]



「K002」開発者インタビュー
10.9mmに実用性とデザイン性を備えた大人の携帯
[2009/06/03]



「T-01A」開発者インタビュー
「Snapdragon」を搭載した東芝製スマートフォンの魅力
[2009/05/27]



「N-06A」開発者インタビュー
無線LANでケータイの使い方を変えるNEC
[2009/05/22]



「832P」開発者インタビュー
デザイン・機能のバランスを追求、頼りになる薄型ケータイ
[2009/05/22]



「P-07A」開発者インタビュー
“トリニティ”になったWオープンの進化を聞く
[2009/05/22]



「S001」開発者インタビュー
ケータイらしさを取り込んだ新Cyber-shotケータイ
[2009/04/09]



「モバイルウィジェット」企画者インタビュー
オープンと待受常駐を武器にウィジェット市場を切り開く
[2009/04/01]



「WX340K」「BAUM」開発者インタビュー
PHSシングルユーザーを満足させる2モデル
[2009/03/17]



「930P」開発者インタビュー
ゲームやネットとの親和性を追求したWオープンケータイ
[2009/03/11]



「P001」開発者インタビュー
パナソニック初のKCP+ケータイ、開発背景や新液晶の特徴を聞く
[2009/03/05]



「NSシリーズ」開発者インタビュー
auが未来に継承したいと考える新しいチャレンジ
[2009/03/03]



「K001」開発者インタビュー
子供が持ちたくなるようなケータイを目指す
[2009/03/02]



「830N」開発者インタビュー
若者の直感に訴えかけるNEC的スライド端末
[2009/02/27]



「SH001」開発者インタビュー
8メガCCDを搭載したスタイリッシュな高感度カメラケータイ
[2009/02/23]



「930CA」開発者インタビュー
すぐに撮れることにこだわった高速起動とスライドデザイン
[2009/02/19]



「Walkman Phone, Premier3」開発者インタビュー
“ケータイで音楽”をさらに広げる普遍的なWalkman Phone
[2009/02/18]



「831SH」「932SH」開発者インタビュー
ダブルワンセグのAQUOSケータイとワンランク上のスタンダードモデル
[2009/02/16]



「CA001」開発者インタビュー
タッチパネルを搭載したカシオのスタンダード端末
[2009/02/12]



「H001」開発者インタビュー
3D液晶搭載の4代目Woooケータイの狙い
[2009/02/06]



「F-01A」「F-03A」開発者インタビュー
「ヒトに合わせる」を考えチャレンジを続けるFシリーズ
[2009/02/06]



「SH-04A」開発者インタビュー
タッチとフルキーで携帯の新しい流れを提案
[2009/02/05]



「P-04A/P-05A」開発者インタビュー
薄さ9.8mmにこだわりながらGSMに対応
[2009/02/03]



「N-04A」開発者インタビュー
amadanaとのコラボで生まれたNEC初のスライド端末
[2009/01/28]



「P-02A」開発者インタビュー
“D”の遺伝子を受け継ぐ「継承と進化」のスライドケータイ
[2009/01/27]



ケータイユーザーの“本音”
教師側から見たケータイ文化
[2009/04/17]



ケータイユーザーの“本音”
女子高生に聞いた10代後半のケータイ事情
[2009/03/04]



気になる携帯関連イベント
“ケータイソムリエ”を養成する「モバイル実務検定」
[2009/01/22]



キーパーソンインタビュー
Huawei担当者が語るデータ通信端末戦略
[2009/04/23]



キーパーソンインタビュー
UQ WiMAXに聞く、WiMAXがもたらすインパクト
[2009/02/26]



キーパーソンインタビュー
マイクロソフト越川氏に「Windows Phone」戦略を聞く
[2009/02/25]



キーパーソンインタビュー
オープンOSとフルタッチの台頭――ドコモ辻村氏が語る今後のケータイ
[2009/02/19]



キーパーソンインタビュー
イー・モバイル 阿部副社長が語る2009年の目標
[2009/01/13]



気になる携帯関連技術
技術とコンテンツの融合を目指すプライムワークス
[2009/02/13]



気になる携帯関連技術
UIに新たな可能性をもたらす音声認識
[2009/01/16]



【キーパーソン・インタビュー】
請負から提案へ、東芝の目指すモバイルインターネットの世界
[2009/06/09]



【キーパーソン・インタビュー】
KDDI高橋誠氏に聞く、夏モデルから始まるauの反転攻勢
[2009/05/27]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年
「W-ZERO3[es]」開発者インタビュー
片手で操作、ケータイライクなW-ZERO3

W-ZERO3[es]
 ウィルコムから発売されるW-ZERO3[es]は、ケータイのようなテンキーを備えたデザインに、W-ZERO3シリーズの特徴であるフルキーボードやVGA液晶を搭載したシャープ製のW-SIM対応端末。W-ZERO3の後継モデルではなく、ケータイユーザーなどよりコンシューマーを意識したモデルに仕上がっている。

 ウィルコム 営業開発部 企画マーケティンググループ 課長補佐の須永 康弘氏、シャープ 情報通信事業部 新携帯端末事業部 第1商品企画部 主事の廣瀬 泰治氏に話を聞いた。





ウィルコム 須永氏(左)とシャープ 廣瀬氏(右)
――まず、W-ZERO3[es]の特徴はどのあたりでしょうか?

廣瀬 泰治氏
 音声端末としてのサイズを目指した点です。そして、片手で操作できるという点に一番こだわりました。片手でも使いやすいよう日本語入力はATOKを採用し、片手でも操作しやすいメールソフト「W-ZERO3メール」を新たに搭載しました。より音声端末ライクなW-ZERO3をつくる、というのがコンセプトですね。

 W-ZERO3のアイデンティティでもあったVGA液晶やフルキーボードなどは踏襲し、好評だったブラウザ「Opera Mobile」はFlash 7.0対応バージョンをプリインストールしました。従来のW-ZERO3と違う点としては、USBホスト機能に対応してキーボードやUSBメモリなどさまざまな機器が接続できるようになったところです。


――従来のW-ZERO3で対応していた無線LAN機能が、W-ZERO3[es]では本体に内蔵されません。何故でしょうか?

廣瀬氏
 従来のW-ZERO3は無線LAN機能が必須と考えていましたが、ケータイユーザーをターゲットにするW-ZERO3[es]では、搭載するべき機能の順序や本体サイズの問題を考え、本体への内蔵は見送りました。Bluetooth機能も同様の利用で内蔵していません。

須永 康弘氏
 別売りのオプションで予定しているminiSDスロット用の無線LANカードは、miniSDカードが少しだけ大きくなった程度のものを用意しています。海外で開発されていたものを日本向けにして発売します。


――携帯電話のようにテンキーを搭載したのは、ユーザーから要望があったのでしょうか。

須永氏
 W-ZERO3ユーザーのうち、W-ZERO3をメインの電話機として利用しているのは全体の3割程度に留まっていました。残りの7割のユーザーは、メインの電話機としてはツライと判断していたともいえるでしょう。そこで、メインの電話機としても利用できるようなら、新たなマーケットが開拓できるのではと考えました。これはW-ZERO3を出した直後から検討を始めたことで、シャープさんと検討しながら今回のW-ZERO3[es]の開発を進めました。

 ぱっと見て、携帯電話のように見えることも重要なのです。サイズも胸ポケットに収まりやすいよう、W-ZERO3より5mmも薄くしましたが、このあたりも苦労した部分ですね。


――ブラックとホワイトのボディカラー展開は、どういう意図なのでしょうか?

須永氏
 W-ZERO3もそうでしたが、やはり1色ではユーザーのニーズを満たすことはできません。電話機としての側面からも、まずは対照的な2色を用意しました。


――ボディ表面の加工も変わっていますね。

廣瀬氏
 W-ZERO3はボディ表面の指紋の跡が気になる、という声もありました。今回は逆に指紋を付きにくい仕上げにしようとなり、細かいくぼみをつけたディンプル加工を施しました。


試作段階のワンセグ受信モジュール
――USB接続は、USB 2.0なのでしょうか?

廣瀬氏
 仕様としてUSB 2.0に対応していますが、USB 2.0に含まれる3つの規格のうち、Full Speedモード(12Mbps)への対応です。High Speedモード(480Mbps)ではありません。


――ワンセグの受信モジュールも発表されていますが、同様におサイフケータイに対応できたりしないのでしょうか?

須永氏
 ワンセグの要望が多いので対応を発表しましたが、その次にユーザーから要望が多いのはおサイフケータイです。今はさまざまな検討を進めている段階ですね。


――ほかに、ハード面でW−ZERO3と比べて変更されている部分はありますか?

廣瀬氏
 ROMとRAMを1チップ化する過程でNANDコントローラーも一体化しているので、若干アクセスが速くなっていると思いますよ。ソフト面ではカメラ機能のドライバを改善し、ファインダーサイズも大きくしました。


オプションの卓上ホルダとUSB変換ケーブル
――ソフト面ではW-ZERO3からあまり変更されていないとのことですが、フォントなどもそのままなのでしょうか?

廣瀬氏
 ぎりぎりまで悩んでいた部分ですが、液晶が実装できるようになった段階で実際に表示させて、明るさや見え方などを検討した結果、W-ZERO3と同じでも問題ないと判断しました。


――方向キーの中にあるセンターキーは、携帯のようにメニューボタンとして使えないのでしょうか?

廣瀬氏
 Windows Mobileを採用しているので、センターキーの位置付けが微妙なんですね。まずはWindows Mobileの操作方法を理解してもらうという意味で現在の仕様にしていますが、センターキーでメニューが出るといった携帯ライクな使い方への要望があるのも分かっています。今後の検討課題だと思います。


――着メロや着うたのダウンロードサービスを利用して着信音を設定したい、というユーザーも出てくると思います。

須永氏
 着メロのサービスは既に提供していますが、曲の配信に関してインディーズレーベルの中には、そういったサービスに乗り気なところもありますので、検討はしていきたいと考えています。

――本日はどうもありがとうございました。



URL
  ウィルコム
  http://www.willcom-inc.com/
  シャープ
  http://www.sharp.co.jp/
  製品情報(ウィルコム)
  http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/007sh/
  製品情報(シャープ)
  http://www.sharp.co.jp/ws/007sh/

関連記事
W-ZERO3[es]店頭予約開始、八剱社長から記念品プレゼント
ウィルコム、夏モデル「W-ZERO3[es]」を発表
ウィルコム八剱社長、W-ZERO3[es]は「本能的に欲しくなる」


(太田 亮三)
2006/07/14 21:28

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.