ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモが10〜12月のオペレーションデータ公表、FOMAのARPUが増加

 NTTドコモは、2002年度第3四半期(10月〜12月)のオペレーションデータを公表した。PDCのARPU(1契約者あたりの月間平均収入)は微増傾向で、FOMAのARPUは大幅増加している。

 同社の携帯自動車電話契約数は、4,287万4,000契約となり、前期(2002年度第2四半期)の4,216万2,000契約から71万2,000契約増加した。このうちFOMAは15万2,000契約で、1万6,300契約増加している。なお、同社では2002年11月にFOMA契約数の目標数を32万契約に下方修正している。FOMAの新端末は東京では1月から発売されているが、目標達成にはかなり厳しい状況だ。

 PDC契約における音声利用とiモード利用を含めた総合ARPUは、8,200円となり、引き続き微増傾向にある。APRUの内訳は、音声利用では6,430円(前期6,460円)とわずかずつではあるが、減少傾向のまま。一方のiモード利用では1,770円(前期1,710円)と着実に増加している。また、FOMAのARPUは前期7,250円から7,750円で、大きく増加しており、第1四半期の7,800円とほぼ同額まで回復している。

 PHSでは、契約数が176万1,000契約(前期182万9,000契約)と減少。総発信時間のうち、データ通信が占めた時間が前期77.1%から77.7%と微増している。なお、同社では、2月1日から3月31日までPHSの新規契約事務手数料3,000円を無料にするキャンペーンを行なっている。

 さらに新規契約を検討しているユーザーに向けて、「定額制サービスには新機種が必要」と案内しており、これまで「検討している」とされてきたPHSデータ通信の定額制サービスが、時期は未定ながらも本格的に導入されることが窺われる。



URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/03/whatnew0203.html


(関口 聖)
2003/02/03 19:22

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.