ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

au、イリジウム宛の国際通話を取り扱い休止に

 auは、利用した覚えのない国際通話料金を請求されるトラブルが発生しているため、特別な申し込みなしに国際電話が可能なサービス「au国際電話サービス」によるイリジウム携帯電話宛の国際通話について、2月20日より当面の間、取り扱いを休止することを明らかにした。

 発表によれば、携帯電話宛の国際情報提供サービスなどの広告メールに、ユーザーが国際通話と意識しないままダイヤルし、利用した覚えのない国際通話料金を請求されるトラブルが発生しているという。auでは、こうしたトラブルの対策として、昨年末より問い合わせが急増していたイリジウム携帯電話宛の国際通話を、当面の間休止する。対象となる電話番号は、005345-8816-××××△△△△と、005345-8817-××××△△△△。なお、001国際ダイヤル通話や0052料金通知通話、0051国際オペレータ通話および0055クレジットカード通話は、従来通り利用可能。

 auでは、今回のトラブルについてかなりの件数の問い合わせがあったとしている。イリジウムへの国際通話料金は3分1,620円かかる。ユーザー1件あたり、5,000〜6,000円程度の覚えのない通話料金が加算されているというが、中には数万円の請求を受けたユーザーもいるという。同社では昨年12月16日より、セイシェルやディエゴガルシア宛の国際通話も一部取り扱いを休止している。



URL
  ニュースリリース
  http://www.kddi.com/release/2003/0213/index.html


(津田 啓夢)
2003/02/13 16:02

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.