ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

野獣ボブ・サップをノックアウト!? T9を使った早打ちバトル開催

T9に対応した「N504iS」を頭に貼り付けてゴキゲンなボブ・サップ
 米AOL傘下のAOLモバイル/テジックコミュニケーションズは、ドコモAOLの協賛を受け、「N504i/iS」「N2051」などで採用されている携帯電話向け文字入力システム「日本語版T9テキストインプット」(T9)のプロモーションイベント「T9 タイピングマッチ 2003〜VS ボブ・サップ」を行なった。

 T9は、1文字につき1回のキータッチで文字入力が行なえる携帯電話向けの文字入力システム。欧米では広く普及している。従来の入力方法では、例えば「おはよう」を入力する場合、「あ」のキーを5回、「は」のキーを1回、「や」のキーを3回、「あ」のキーを3回入力する必要がある。T9ではこれを「あ」「は」「や」「あ」と、各キーの頭の文字を1回ずつ入力するだけで、「おはよう」と表示される。

 今回のイベントでは、抽選で選ばれたAOL会員50組100名の中から、会場で5名を選出してT9を使った文字早打ち対決を実施、決勝に残った1名が野獣ボブ・サップに文字早打ち対決を挑戦できる。イベントではまず、AOLモバイル GM Worldwide Mobile Client Businessのリック・ロマトウスキー氏が挨拶を行なった。


ボブ・サップの登場に会場は興奮状態 「野獣」にふさわしいパフォーマンスを行なうボブ・サップ

リック・ロマトウスキー氏は、「ボブ・サップを倒して、日本人初の破壊王になってくれ」と、参加者に熱いエールを送った
 ロマトウスキー氏は冒頭、「日本版T9の利便性を少しでも知ってもらいたい。」と述べ、世界39カ国で採用されている点を例に挙げながら「欧米・アジアではT9が標準に近い」と語った。ヨーロッパの統計では、T9ユーザーは、対応端末を持たないユーザーよりも80%以上も多くテキスト入力を行なうという。

 また同氏は、「日本の入力方式に慣れているユーザーは、最初のうち使いにくいだろう」と、日本ではあまり導入されていない現実にも触れた。しかし、利用したユーザーのうち90%が満足している点を例に挙げ、「慣れてしまえばT9無しではメールを打てなくなる」とT9の利便性をアピール。同氏はこのほか、「T9を最初に利用するのは、私が寿司を食べたときと同じ気持ちかもしれない」と語った。今では寿司が大好物とのこと。なおT9は、今後発売されるパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のFOMA端末「P2102V」や、NEC製のJ-フォン端末「J-N51」にも搭載される。

 会場に物々しい音楽が流れ、ボブ・サップが登場すると場内は大きな盛り上がりを見せた。報道陣や招待客は、一斉にカメラ構え、中には携帯電話のカメラで撮影している人も見られた。ボブ・サップは、会場内をにらみつけながらパフォーマンスを行なった。

 各招待客には、あらかじめ番号が割り振られており、予選参加者5名をボブ・サップ自らが抽選した。予選参加者が壇上でT9の入力方法のレクチャーを受けると、文字早打ち対決のゴングが鳴った。参加者には、規定文の書いた用紙が手渡され、もっとも早く間違えずに規定文を打ち終えた人がボブ・サップに挑戦できる。対決では、格闘技の試合のようにラウンドガールがパネルを持って歩くといったパフォーマンスも行なわれた。また司会者は、予選参加者が文字を入力している際に実況を行なって会場を盛り上げていた。


予選参加者とボブ・サップ ゴングが鳴る直前。ラウンドガールが登場

 決勝進出者が決定し、ボブ・サップとの対決が始まると勝負はあっという間に決まってしまった。ボブ・サップは通訳のアドバイスを得ながら文字入力を行なったが、しきりと首をかしげる場面もみられ、その大きな手に「N504iS」は小さすぎたようだ。一方、決勝進出した男性は、予選のときよりも確実にT9を使った文字入力に慣れてきていた。

 AOLモバイル/テジックコミュニケーションズは、T9をより多くのユーザーが体験できるようにiモード向けサイト「イチオシ入力 T9」をオープンした。同サイトでは、従来の入力方法とT9を比較できるサービスや、T9が体験できるiアプリなども提供される。また今後、T9の入力方法を体験できるパズルゲームなども用意される予定。対応端末は、「N504i/iS」「N251i」「N2051」「P2102V」「J-N51」。利用料は無料で、URL入力でアクセスできる。


小さな携帯電話に悪戦苦闘するボブ・サップ あっさりと負けてしまい、悔しがるボブ・サップ

勝利をたたえ優勝者を軽々と片手で持ち上げる 参加者にはプレゼントも用意された

「イチオシ入力 T9」のトップ画面


URL
  「T9テキストインプット」の概要
  http://www.t9.com/japan/
  イチオシ入力 T9(携帯電話向け)
  http://jt9.jp/
  テジックコミュニケーションズ(英文)
  http://www.tegic.com/
  ドコモAOL
  http://www.jp.aol.com/

関連記事
キータッチを極力少なくできる文字入力システム「T9」


(津田 啓夢)
2003/03/13 19:17

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.