ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

JASRAC、着メロの徴収額が73億円と前年度比の2倍に

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は21日、2002年度の著作権使用料等の徴収額など同協会の事業結果について都内で記者会見を行なった。


JASRAC理事長の吉田茂氏
 JASRACの2002年度の使用料等の徴収額は、1,060億6,000万円で、前年度比0.7%に相当する7億8,000万円増となった。これについて同協会理事長の吉田茂氏は、「2002年度は音楽CDの生産実績が不振を続け、前年度比90.6%と大幅な減収となったものの、携帯電話の着信メロディなど、インタラクティブ配信の大幅な伸長によってわずかながら増収につながった」と説明。

 インタラクティブ配信の徴収額は76億5,746万円で、前年度比91%増となっている。このうち着信メロディの徴収額は73億2,382万円と、インタラクティブ配信の実に95.6%が着信メロディのダウンロードによるものとなっている。吉田氏は挨拶の締めくくりに、「音楽著作者の擁護に力を注ぎ、知的財産権の整備に2003年度は今まで以上に注力していく」と語った。


JASRAC常任理事の加藤衛氏
 続いて、JASRAC常任理事の加藤衛氏より、詳細な説明が行なわれた。加藤氏は、2002年度の使用料の徴収を支える形となった着信メロディについて、「着メロはそろそろかな」と、今後大幅な成長が期待できないとの見解を示した。しかし、インタラクティブ配信では、auが昨年12月よりサービスインした「着うた」に注目しているとコメントし、依然として携帯電話を使った音楽配信サービスに期待がかかっていることも語られた。

 また同氏は、着信メロディ配信サービスの成長がピークを迎えたとする理由を挙げ、「すでに100社以上が着メロサービスに展開し、料金の値下げ競争が始まっている」と述べた。インタラクティブ配信の使用料の徴収は、1998年から開始されたが「着信メロディサービスがこれまでのように2倍、3倍と増えていくとは思えない」としている。

 加えて、着うたサービスに関しては、サービス開始から4カ月ですでに多数の支持を集め、3月だけで100万件を越えるダウンロードがある点が指摘された。着うたサービスは、1曲のダウンロード料金は値下がり傾向にあるものの、値下げ競争になりつつある着信メロディサービスよりも単価が高い。JASRACでは、着信メロディおよび着うたサービスを、1曲5円を下限に配信料金の7.7%を著作権使用料として徴収しているため、まだまだ伸びる可能性のあるサービスとして期待しているようだ。

 このほか、インタラクティブ配信分野のダウンロード数トップ10も発表された。なお、同分野は95.6%が着信メロディによる徴収額となっているため、ほぼ、着信メロディのベスト10といって間違いないという。1位となったのは、宇多田ヒカルの「SAKURAドロップス」、2位以下にZONEの「secret base 〜君がくれたもの〜」、桑田佳祐の「白い恋人達」と続く。なお、宇多田ヒカルはトップ10に3曲がランクインしており、JASRACが著作物の使用料の分配額によって決定するJASRAC賞でも「traveling」が銀賞に輝いている。


JASRACの常任理事の面々。星野哲郎会長は体調不良のため欠席した


URL
  ニュースリリース
  http://www.jasrac.or.jp/release/03/05.html
  日本音楽著作権協会
  http://www.jasrac.or.jp/


(津田 啓夢)
2003/05/21 18:23

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.