ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

シャープとTI、GSM圏向けのカメラ付き携帯ソリューションで協業

シャープ IC事業本部長の佐野氏(左)とTI DCESカンパニープレジデントの岡野氏(右)。両者が手にしているのは、2003年末に提供予定のリファレンスデザイン
 シャープとテキサス・インスツルメンツ(TI)は、GSM/GPRS方式のカメラ付き携帯電話向けシステムソリューション分野で協業すると発表した。2003年度末にも端末メーカー向けの開発機器を提供する。これに伴なって7日、都内で記者発表会が行なわれ、シャープのIC事業本部長の佐野良樹氏とTIのDCESカンパニープレジデントの岡野明一氏から協業の概要について説明があった。

 今回の協業は、両社がGSM/GPRS圏へのカメラ付き携帯向けシステムソリューションに関するもの。両社の得意なデバイスや技術を組み合わせて、端末を開発するために必要なデバイスとソフトウェアを組み込んだ端末開発メーカー向け機器(リファレンスデザイン)を2003年末にも世界市場に投入する。端末メーカーは、リファレンスデザインを使って開発を行なうことで、今後市場の拡大が予想される「カメラ・動画メール機能付きGSM/GPRS携帯電話」を短期間で製品化し、市場に投入できるという。

 リファレンスデザインでは、TIのGSM/GPRSチップセットに日本TIのデジタルメディア向けのアプリケーションプロセッサ「OMAP-DM270」が搭載され、これにシャープのメガピクセルCCDカメラモジュール、フラッシュメモリ、液晶ディスプレイなどが装備される。また、J-フォンのムービー写メールなどで採用されている動画形式NancyコーデックやMPEG-4もサポートされ、関連ソフトウェアの提供や技術的なサポートも行なわれる。


 両社は今回の協業の背景として、2005年度に世界の携帯電話市場でカメラ付き携帯が50%以上になるとの予測を提示。TIの岡野氏は、世界で最も成長の著しい市場として携帯電話市場を挙げ、「我々の予想以上にダイナミックに市場が動いている」と述べた。協業の第一歩として明らかにされたリファレンスデザインでは、技術的なサポートは分野によって別々に行なわれ、販路もそれぞれ独自開拓するとのことだが、今後GSM/GPRS圏以外の通信方式についても話し合いが持たれるという。ディスプレイの仕様などは、端末メーカーの要望によって柔軟に対応し、TIの岡野氏によれば、端末メーカーが自社のディスプレイなどを使いたい場合でも対応可能とのこと。

 なお、両社は今回の協業をあくまで「最初の一歩」と強調する。TI岡野氏は、「世界では400万画素クラスの端末の開発プロジェクトもあり、端末メーカーの要求はどんどん大きなものになっている」と急速に拡大する市場の要求に応えていくことの難しさを語った。また、シャープの佐野氏は「ツインカメラのニーズもある」とし、次期ソリューションの展開を示した上で、端末が供給される初年度(2004年度)に5〜10社の端末メーカーへの提供を目標に置いていることを明らかにした。

 だが、世界の携帯電話市場の上位を占めるノキアやモトローラ、シーメンスなどは端末の自社開発を行なっている。今回のリファレンスデザインについて、「台湾や中国などのメーカーでも、より簡単に静止画・動画対応携帯電話が開発できる」としており、端末シェアの上位に顔を出さないようなメーカーでの利用を見込んでいるようだ。また、シェア上位のメーカーであっても「カメラのノウハウには疑問」と述べる場面もあり、充分に世界の大手メーカーにも食い込めるとアピールした。

 しかし一方で、CCD・CMOSイメージセンサの供給不足が端末メーカーの間では深刻化している。シャープでは、今年10月にもCCD・CMOSイメージセンサの生産力を月産400万個から月産600万個に引き上げることを発表しており、シャープ佐野氏は、モジュールの供給に対して「おそらく月産600万個になれば大丈夫ではないか」と述べた。だが、TIの岡野氏は現在最も成長が期待される中国の携帯電話市場では、すでにメガピクセルCCDを求める声が大きなものになっているとしており、今後の供給についても油断できないとの見解を示した。


協業の概要 シャープのデバイス事業

携帯電話のシャープのキーデバイス カメラモジュール技術

カメラモジュールの拡大 TIの携帯電話ソリューション。ノキアの世界メーカーの10社のうち、9社で採用されている

OMAPプロセッサとチップセット TIのDSPロードマップ


URL
  ニュースリリース
  http://www.sharp.co.jp/corporate/news/030707.html
  ニュースリリース(英文)
  http://focus.ti.com/docs/pr/pressrelease.jhtml?prelId=sc03142


(津田 啓夢)
2003/07/07 18:40

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.