ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

J-SH53に来年1月からムービー写メールが利用できない不具合

J-SH53
 J-フォンは、9月15日以前に発売されたシャープ製端末J-SH53において、2004年1月1日よりムービー写メールが利用できない不具合が確認されたことを明らかにした。同社では9月17日より、J-フォンショップおよびボーダフォンショップで不具合を解消するソフトウェアの書き換えを無料で行なう。

 不具合が発生するのは、9月15日以前に発売されたJ-SH53。2004年1月1日〜31日の間、ムービー写メール(MPEGモード)や、モーションカメラ(MPEGモード)が利用できなくなるほか、10月1日より「ケータイポストペット」や「プーさんハニーメール」、「デジタル所さん」の「所さんのハイパー待受け」などのJavaアプリに動作しないなどの不具合が発生する。

 対象となる製品番号は、スリックシルバーの「JSHF1000001〜1174618」、ダークブラック「JSHF3000001〜3147839」、シャインベージュの「JSHF5000001〜5132939」。なお、製品番号はJ-SH53裏面の電池パックを外したラベルに記載されている。

 J-フォンによれば、店頭でのソフトウェアバージョンアップは15分程度で終了するという。なお、店頭対応は2004年1月31日で終了し、それ以降は通常の故障と同じように預かり修理となる。バージョンアップしても着信メロディやアドレス帳などの端末内のデータは保護されるが、同社では前もってSDカードにバックアップをしておくことを推奨している。

 同社では、今回の不具合についてダイレクトメールでユーザーに周知する。該当する端末は38万台。

ボディカラー 製造番号
スリックシルバー JSHF1000001〜1174618
ダークブラック JSHF3000001〜3147839
シャインベージュ JSHF5000001〜5132939



URL
  お知らせ
  http://www.j-phone.com/japanese/information/info/030916.html


(津田 啓夢)
2003/09/16 15:48

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.