ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

J-フォンからボーダフォンに、新しい型番の意味は?

 10月1日からボーダフォンに変わるJ-フォン。すでに気付いている読者も多いと思うが、これに伴いシリーズ名を表わす端末の型番の表記ルールが変更されている。

 従来、J-フォンの端末の型番は、パケット通信非対応のJ-△0xシリーズとパケット通信対応のJ-△5xシリーズの2つのラインナップに分かれていた。新しい型番はV10x△〜V90x△のような表記となる。なお、いずれの場合も△はメーカーを表わす。

 J-フォンによれば、V100とV200はプリペイド端末、V300とV400はパケット通信非対応のPDC端末(従来のJ-△0xシリーズに相当)、V500とV600はパケット通信対応のPDC端末(従来のJ-△5xシリーズに相当)、V700、V800、V900は3G端末というシリーズ分けがなされている。それぞれのシリーズの中でも、百の桁の小さいほうがエントリー向け、大きいほうがハイエンド向けとなるという。

プリペイド V100 スタンダード
V200 ハイスペック
非パケットPDC V300 スタンダード
V400 ハイスペック
パケットPDC V500 スタンダード
V600 ハイスペック
3G V700 スタンダード
V800 ミドルレンジ
V900 ハイスペック



URL
  J-フォン
  http://www.j-phone.com/

関連記事
J-フォン、使いすぎ防止機能搭載の写メール端末「V301T」
J-フォン、写メールにも対応したVGSのネット接続サービス


(湯野 康隆)
2003/09/25 19:33

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.