ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

インフォプラント、オンラインバンキングの利用意向を調査

 インフォプラントは、ディーツーコミュニケーションズ運営のパブリシティ型iモードサイト「とくするメニュー」において、オンラインバンキングの利用動向に関するアンケート調査を実施した。調査期間は10月6日〜13日の1週間で、有効回答数は20,684人。回答者の男女比は、男性が32.3%、女性が67.7%。

 今回実施されたアンケートは、さまざまな金融機関が提供しているオンラインバンキングサービスについて、利用実態などを調査したもの。それによれば、オンラインバンキングに対して「利用したい」あるいは「できれば利用したい」と積極的な回答を寄せたユーザーは合計で44.9%。「どちらともいえない」としたユーザーは23.5%で、「あまり利用したいとは思わない」「利用したいとは思わない」と否定的な回答のユーザーは合計で33.6%となっている。

 オンラインバンキングを利用したことがあるユーザーは、全体の29.7%。男女比および年齢別で利用動向を見ると、男性では36.6%、女性では26.5%のユーザーが利用経験があると回答しており、男性の方がやや積極的な結果となった。また10代男性で利用経験があるユーザーは全体の16.8%で、その後年齢が高くなるにつれて利用傾向も高まり、50代男性では59.8%のユーザーが利用経験があるという結果となり、女性でも同様の傾向が見られた。

 利用経験があるユーザーの中で、パソコンを用いずにiモード端末だけでの利用と回答したユーザーは、全体の48.9%となったが、実際に利用した具体的なサービスは、「残高照会・取引明細照会」が86.8%を占めた。複数回答が可能だったこの設問では、「振込」と回答したユーザーが33.3%となったが、「振替」や「定期預金取引」などについてはそれぞれ8.8%、2.5%と低い水準となっており、さらに「外貨預金取引」や「投資信託売買」になると、それぞれ0.8%、0.5%とまだまだ利用されていない実態が浮き彫りにされている。



URL
  インフォプラント
  http://www.info-plant.com/


(関口 聖)
2003/10/28 14:35

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.