ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

携帯・IP電話間の通話サービス開始、気になる通話料は?

 KDDIおよびNTTコミュニケーションズ(NTT Com)がそれぞれ提供している固定網向けIP電話サービス(050)において、携帯電話・PHSとの通話サービスが開始された。

 IP電話からの発信は、IP電話事業者側で料金設定されており、KDDIの場合、携帯電話へ30秒10円、PHSへは90秒20円。またNTT Comの場合は携帯電話のみと通話可能で1分19円。携帯電話からの場合はそれぞれのキャリアが料金を設定しており、ボーダフォン、au、ツーカーでは、全国一律で固定電話と同じ料金体系となっている。ただし、旧プランなどで通話先の距離によって料金設定が異なっている場合は、同一県内への発信など最も安価な設定が適用される。

 NTTドコモに関しては、FOMAでは固定電話と同じ料金体系となっているが、ムーバに関してはごくわずかではあるが、高い価格帯に設定されている。たとえばムーバの基本的な料金コースである「プランA」(平日昼間)の場合、固定電話に対しては、10円で26秒間の通話が可能だが、KDDIおよびNTT ComのIP電話に対しては、10円で25.5秒と若干短い。短時間での通話であればほとんど差はないが、通話時間が長くなるにつれてその差は拡大するということになる。ただし、分単位課金の「長得プラン」では固定電話宛と同じ通話料になる。

 PHSでは、DDIポケットの場合、KDDIのIP電話からの着信は可能だが、DDIポケット端末からの発信はまだサポートされていない。DDIポケットによれば11月中にも発信サービスが提供されるとのこと。NTTドコモのPHSからKDDIのIP電話への通話も現時点ではできないが、通話料は固定電話宛と同一となる予定。また鷹山(アステル)は、IP電話への発信サービスは利用できず、今後も提供されるかどうかは未定。なお、現在のところNTT ComではPHSとの接続サービスを提供していない。

ベーシックなプランにおける携帯電話からIP電話への通話料
■NTTドコモ
ムーバ プランA 10円25.5秒(平日昼間) 3分約70円
FOMA プラン49 14円30秒(平日8時〜翌1時) 3分84円
■au
コミコミOneスタンダード(関東) 10円20秒(終日) 3分90円
■ボーダフォン
バリューパックシルバー 30円1分(平祝日昼間) 3分90円
■ツーカーセルラー東京
シンプル35コース 20円30秒(終日) 3分120円

IP電話からの通話料
■KDDI
携帯電話 10円30秒(終日) 3分60円
PHS 20円90秒(終日) 3分40円
■NTT Com
携帯電話 19円1分(終日) 3分57円
PHS 通話サービス無し



URL
  NTTドコモ
  http://www.nttdocomo.co.jp/
  au
  http://www.au.kddi.com/
  ボーダフォン
  http://www.vodafone.jp/
  ツーカーグループ
  http://www.tu-ka.co.jp/

関連記事
KDDI、IP電話と携帯電話・PHSの相互接続を11月1日より開始
NTT Com、IP電話と携帯電話の相互接続を11月5日より開始


(関口 聖)
2003/11/05 16:39

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation  All rights reserved.