ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

2003年度の携帯出荷台数調査、トップのNECがシェア伸ばす

 マルチメディア総合研究所(MMRI)は、2003年度の国内携帯電話出荷台数に関するレポートを発表した。メーカー別シェアや今年度以降の出荷台数動向の予測などが明らかにされている。

 同調査によれば、国内出荷台数は、カメラ付き端末や3G端末によって5,009万台(前年度比22.3%増)という結果となった。そのうち89.3%の4,473万台がカメラ機能を搭載したモデルで、同研究所では「携帯電話の標準機能と呼べる」レベルまで達していると指摘した。

 メーカー別シェアを見ると、NTTドコモ向け端末のヒットなどによってNECが1,164万台で前年度比2.4ポイント増で、シェアが23.2%と国内1位となった。続いてパナソニックモバイルコミュニケーションズが出荷台数782万台となり、前年度より2.2ポイント下落したものの、シェア15.6%で2位となった。3位は566万台を出荷したシャープで、シェアは前年度比1.2ポイント減の11.3%。

 4位は東芝で、出荷台数は426万台、シェアは前年度比0.5ポイント減の8.5%。そしてソニー・エリクソンが505iシリーズの好調などを要因として出荷台数が416万台で5位となった。6位以下は三菱電機、三洋電機、富士通という結果となっているが、4位〜7位の差はわずか20万台であり、どのメーカーが抜き出てもおかしくない状況だ。




URL
  マルチメディア総合研究所
  http://www.m2ri.jp/


(関口 聖)
2004/04/21 20:19

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.