ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

DDIポケット、待望の新型AirH”PHONE「AH-K3001V」

AH-K3001V

左がホワイト、右がシルバー
 DDIポケットは、パソコン向けWebサイトも閲覧できるブラウザ「Opera」を搭載し、QVGA液晶や約11万画素CMOSカメラを装備した京セラ製AirH"PHONE端末「AH-K3001V」を5月14日に発売する。価格は、8,000〜10,000円程度になる見込み。

 同社ではあわせて記者説明会を開催。DDIポケット 営業企画部長の二見 徹氏や、京セラ 通信システム機器統括事業国内営業部の木村 哲夫氏および富家 八栄子氏から新端末のコンセプトなどが語られた。

 「AH-K3001V」は、HTMLで記述されたパソコン向けWebサイト閲覧が可能なブラウザ「Opera」やQVGA液晶などを装備した京セラ製AirH"PHONE端末。メインディスプレイは、240×320ピクセルで26万色表示が可能な半透過型TFT液晶。背面ヒンジ部近くにも時刻や電界強度などを表示できる小型のディスプレイを装備。大きさは、約49×98×20.8mm(幅×高×厚)で、重さは約97gとなっており、薄型かつ軽量に仕上げられている。キー側ボディの先端にUSB端子(miniBタイプ)を備えており、パソコンなどからUSB経由で充電できる。この場合、充電時間は、急速充電モードで約4時間、通常充電モードで18時間。なお、付属の充電器を利用すると約3時間で完了する。

 国内の携帯電話・PHSとしては、初めて「Opera」を搭載。京セラの富家氏によれば、バージョン7をベースにしたものだという。Compact HTMLのほか、HTML 4.01にも対応しており、パソコン向けWebサイトを閲覧可能。QVGA液晶での表示にあわせて、パソコン向けWebサイトのレイアウトを変更する機能「スモールスクリーンレンダリング」が用意されているほか、ブラウザ上の文字サイズの変更も可能。このほか、JavaScriptやSSL 2.0/3.0、Cookieにも対応している。

 メール関連では、POP3/SMTP対応となっており、パソコン向けプロバイダなど全部で3アカウント利用できる。日本語入力補助として、「モバイル Wnn V2」を搭載しており、予測変換機能などが用意されている。メールで送受信できる文字数は最大全角20,000文字で、添付ファイルは最大350KBまで。データフォルダの容量は1.5MB。

 背面に搭載される約11万画素CMOSカメラは、240×320ピクセルのみ撮影可能。本体には約70枚程度保存できる。撮影直後にメール添付できるが、他社の携帯電話宛に画像付きメールを送信できるように、撮影画像を1/4に縮小できる機能が用意されている。またカメラの横には自分撮りの際に役立つ小型のミラーが配されている。


QVGA液晶を搭載 メインメニュー メールメニュー

メール作成画面。パソコン用アカウントも利用できる 予測変換機能などを備えるモバイル Wnn V2を搭載 これはメールアカウント設定画面

Operaメニュー URL入力で本誌を表示したところ Operaの設定画面。ユーザーエージェントは、DDIポケットあるいはOperaという選択肢

 このほか、NEC製のスケーラブルフォント「FontAvenue」を搭載しており、メールやWebブラウザの文字サイズだけではなく、メニューの文字サイズも変更できる。またセキュリティ機能として、最大20件まで発信先を限定したり、アドレス帳やOperaの使用などを制限できる。データ通信は、32kbpsのパケット通信、PIAFS 32/64kbpsの回線交換方式、フレックスチェンジ方式に対応している。ボディカラーは、シルバーとホワイトの2色。シルバーは両サイドがブラックに塗装されており、ツートンカラー仕上げとなっている。

 パッケージに同梱されるCD-ROMには、デジタルカメラなどで撮影した画像を編集して、「AH-K3001V」の待受画像にできる画像編集ソフトや、受信メールをパソコンに保存したり、逆にパソコンで作成したメールを「AH-K3001V」に転送できるメール管理ソフトが収録される。

 端末コンセプトを説明したDDIポケットの二見氏は「パソコン向けサイトを閲覧できるようになったことで、得られる情報量は従来より飛躍的に増大する。これこそ本格的な“携帯インターネット”だ」と述べ、同社の料金プランである「つなぎ放題コース」を活用して、積極的にインターネットを楽しんで欲しいとアピールしていた。


左がシルバー、右がホワイト 右側面から見たところ キー配列

ヒンジ部周辺 背面ディスプレイも装備 USBポートはminiBタイプ

本体右側面にイヤホンジャック 約11万画素のCMOSカメラ

撮影画面。撮影後は手軽にメール添付できる サンプル画像。リンク先は無加工


URL
  DDIポケット
  http://www.ddipocket.co.jp/
  製品情報(DDIポケット)
  http://www.ddipocket.co.jp/p_s/products/content/ah_k3001v.html
  ニュースリリース(京セラ)
  http://www.kyocera.co.jp/news/2004/0407.html


(関口 聖)
2004/04/22 12:29

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.