ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモが料金請求関連サービス拡充、利用サイトの履歴も開示

 NTTドコモは、料金請求に関するサービスにおいて6月より順次、機能拡充や新サービスを提供すると発表した。また7月1日よりドコモ提供のiモードサイトの一部においてパケット通信料が無料となる。

 新たに提供されるサービスおよび拡充される機能は、「パケット通信料における概算料金表示の拡充」、「一定額超過のお客様への事前案内の拡充」、「一定額到達通知サービス」、「お客様ご自身によるパソコン等からのiモード通信履歴の照会」「お客様ご自身によるパソコン等からの料金明細の照会」「パケット明細の利用別表示の実施」の6点で、今年6月から来年3月にかけて順次実施される。

 同社では6日、報道関係者向けに説明会を実施。出席した同社 営業部長の須藤 章二氏は「プライベートやビジネスシーンなどさまざまな点で携帯電話が利用されるようになり、従来よりも利便性を高めるものとして提供する。ユーザーにとって料金面に対する不安感を払拭できるのではないか」と述べ、新サービスの意義を説明するとともに期待感を示した。


NTTドコモ 営業部長の須藤 章二氏 6月以降、順次提供される

コンテンツ利用時に通信料の目安を表示

通信料の目安が表示されるように
 「パケット通信料における概算料金表示の拡充」は、iアプリなどのコンテンツを利用する際にサイト上にその通信料の目安を掲載するというもの。現在はコンテンツプロバイダが任意で表示しており、公式サイト全てで提供されているわけではない。6月以降、コンテンツプロバイダの準備が整い次第、iアプリや着モーションといったコンテンツをダウンロードする際の通信料の概算が示されるようになる。

 パケット通信料は、ムーバ(PDC方式)とFOMAでは設定が異なっており、さらにFOMAでも各パケットパックによって1パケットあたりの通信料が異なる。このため、各iモードサイトでは「通信料の目安」というメニューを表示し、各プランごとの通信料の目安を表示する形となる。


パソコンから通信履歴や料金明細を確認可能に

 同社では、iモード経由で「どのサイトにいつアクセスしたか」という通信履歴を窓口に行けば閲覧できるサービスを提供している。しかし、窓口の応対に時間がかかるなど、ユーザーにとって必ずしも手軽に利用できる形態ではなかったため、これに対応する形で、パソコンからiモードの通信履歴や毎月の料金明細を確認できるサービスが新たに提供される。8月下旬から「お客様ご自身によるパソコン等からのiモード通信履歴の照会」の名称で提供される予定。

 現時点で想定されている利用手順は、まずiメニューから専用コーナーにアクセスすると有効期限が定められた認証キーが発行される。その後、パソコンから専用Webサイトにアクセスして、電話番号と認証キーを入力することで、アクセス日時やアクセス先のURLが確認できる。

 同社によれば「サイト名を表記したほうが良いとは思うが、膨大な数にのぼる一般サイトの現状を踏まえれば、URLのみの表示にせざるを得ない。公式サイトだけに限ろうとしても、ユーザーの“通信の秘密”に触れる部分であるため、現行の法体系ではドコモが情報を加工して提供するのは難しい」としている。

 また料金明細の確認機能である「お客様ご自身によるパソコン等からの料金明細の照会」は、11月に開始される予定。同社では、毎月送付される料金請求書とともに、日時や相手先、通話・通信時間などが記された料金明細内訳書を提供しているが、これをパソコン向けサイト「ドコモ料金サイト」上で確認できるようになる。


パソコンからiモードの通信履歴を確認可能に 料金明細も確認できるようになる

パケット通信の明細にメールやサイトの区分を追加

来年3月には、パケット通信量の内訳が「メール」「サイト」「その他」になる
 来年3月を目処に提供される新サービスで、「パケット明細の利用別表示の実施」は、毎月ユーザーに送付されるパケット明細内訳書において、現在「通信データ量」のみ表示されているものを、さらに「メール」「サイト」「その他」の3つに区分して表示するというもの。

 「メール」や「サイト」は、その名の通りiモードメールやiモードサイトを利用した際に発生したパケット通信量を表示するもので、「その他」は、たとえばmoperaなどiモード以外で発生した通信を示すという。


一定額超過時へ新機能を提供

 「一定額到達通知サービス」においても、8月に新機能が追加される。このサービスは、当月の1日〜前日までの利用料の合計額が10,000円を超えた場合、およびその後10,000円ごとにユーザーが指定したメールアドレス宛に一定額に達したことを通知する。

 8月からは、10,000円を超過した後の通知金額は、現在10,000円ごととなっているが、5,000円ごとに通知するよう設定できるようになる。さらに1つだけだった通知先のメールアドレスが2つ設定できるようになる。そのうち1つは通知対象となるiモード端末宛となるが、もう1つは、他のiモード端末やmopera、あるいはパソコンのメールアドレスを指定できる。

 また現在は、対象となるiモード端末のメールアドレスをもし変更すると、ユーザー自身があらためて通知先を変更しなければならないが、機能拡充によって、電話番号を登録していればメールアドレスを変更しても通知されるようになる。

 このほか、同社が「当月料金が50,000円を超え、なおかつそれが前月の2倍となるユーザー」に対して、利用金額を郵送で通知しているサービスでは、50,000円という基準が6月に30,000円に改められる。


一定額到達通知サービスの機能拡充は8月 一定額超過通知では、基準となる金額が引き下げられる

ドコモ提供のiモードサイト、通信料が無料に

 7月1日からは、ドコモ提供の「ドコモ料金サイト」および「ドコモホームページ」の一部において、パケット通信料が無料となる。新たに無料となるサイトは、「DoCoMoからのお知らせ」「製品・サービス」「お客様窓口(ドコモショップ案内)」「ドコモ料金サイト」。2月には「ドコモeサイト」が通信料無料となっており、これに続くものとなる。

 これにあわせて、従来よりも手軽にアクセスできるよう対象サイトへのリンクなどが変更される。また、「メロディコール」「WORLD WING」「M-stage ビジュアルネット」「DoCommerce」といった各種設定メニューも通信料が無料となる。


ドコモ提供のiモードサイトの一部がパケット通信料無料に サイト内の案内も配慮していく


URL
  ニュースリリース(料金関連の新サービス・新機能)
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew0506a.html
  ニュースリリース(パケット通信料無料サイトの拡充)
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew0506b.html


(関口 聖)
2004/05/06 17:55

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.