ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

D2C、「第3回 モバイル広告大賞」を発表

 ディーツーコミュニケーションズ(D2C)は、優れたモバイル広告及びモバイルマーケティング事例を選出する「第3回 モバイル広告大賞」を実施、結果を発表した。

 「モバイル広告大賞」は、インターネットが利用できる携帯電話に配信・掲出された広告の中で表現が優れていたものや、モバイルを利用したマーケティング活動において優れていたものを選出、表彰するもの。第3回目となる今回は、アプリやFlashなどを活用した事例を対象に「インフォテインメント賞」が新たに設置された。対象となった期間は2003年4月1日〜2004年3月31日で、応募総数は112点。マーケティング部門マーケティング賞、クリエーティブ部門ピクチャー広告賞、同部門インフォテインメント賞の3つが設定され、計14社が受賞した。

 マーケティング賞を受賞したのは駅前探険倶楽部、大塚ベバレジ、花王、サントリー、テレビ朝日の5社、ピクチャー広告賞はクリニーク ラボラトリーズ、サイバード、ジー・モード、ティー・オー・エス、ナイキジャパン、ヤマハの6社、インフォテインメント賞はナイキジャパン、LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン、ロッテの3社が受賞した(いずれも50音順)。

 今回の選考にあたっては、機能の活用のみならず、いかに口コミを引き出すかといったアイデアも考慮され、新しいコミュニケーション方法を取り入れた事例が高く評価されたという。



URL
  ディーツーコミュニケーションズ
  http://www.d2c.co.jp/


(太田 亮三)
2004/06/03 17:09

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.