ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

au、1X WINの定額サービスを変動定額制に

 KDDIおよび沖縄セルラーは、CDMA 1X WIN向けの定額オプション「EZフラット」の提供条件を改定し、40,000パケットまでなら月額2,100円(税別2,000円)の定額制、40,000パケット〜84,000パケットでは1パケット0.0525円(税別0.05円)の従量課金制、84,000パケット以上になると月額4,410円(税別4,200円)の定額制という変動的な料金体系とするオプションサービス「ダブル定額」を8月1日から開始する。

 同社では、従来の1X WIN向けに月額4,410円で提供してきた定額オプションサービス「EZフラット」の料金体系改定に伴って、サービス名称を「ダブル定額」に変更する。1カ月の利用パケットが40,000パケット以下であれば月額2,100円、40,000〜84,000パケットであれば1パケット0.0525円の従量課金制、84,000パケット以上は4,410円となる変則的な定額サービスとなる。サービス開始とともに、「EZフラット」のユーザーには「ダブル定額」が適用される。

 同社広報部によれば、「ユーザーの利用状況に応じて定額サービスを提供する。ユーザーが利用しやすい定額サービスの環境を整えた」という。新端末については明言を避けたが、8月1日のサービス開始に合わせて新端末が投入されるものとみられる。

 このほか「パケット割WIN」のパケット通信料も値下げし、月額1,050円(税別1,000円)で1パケット0.084円(税別0.08円)となる。従来は、1パケット0.105円(税別0.1円)で月額1,260円(税別1,200円)となっていた。




URL
  プレスリリース
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2004/0616/index.html


(津田 啓夢)
2004/06/16 13:59

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.