ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ボーダフォン、ハッピーボーナスなどの解除料を条件付きで無料に

 ボーダフォンは、ハッピーボーナスや年間割引を利用する一部ユーザーが通話料割引サービス「ハッピータイム2」の導入を理由に同社契約を解約する場合、割引サービスの契約解除料を無料にすることを明らかにした。

 「ハッピータイム2」は、土・日・祝日にボーダフォン同士の通話が5分を超えると、その後の30分間の通話料が無料となるサービス。料金プラン「バリューパック」を契約している場合(昼間)、ハッピータイム2では210円(税別200円)となる。「バリューパックシルバー」では、155円(税別150円)。またテレビ電話は対象外となる。

 「ハッピータイム2」は7月1日から導入されるが、それまで適用される「ハッピータイム」では、土・日・祝日におけるボーダフォン同士の通話料が1分5円で、テレビ電話も対象となっていた。料金プランなどによっては実質的に値上がりになってしまうケースがある。このため、4月19日に「ハッピータイム2」を発表した後、同社にはユーザーからさまざまな意見が寄せられたという。

 同社によれば「そもそもハッピータイム2自体は、ユーザーの利便性向上をはかるために導入することになったもの。しかしユーザーからの意見は重要なものであり、それを踏まえて検討した結果、必要以上の不利益を与えるようになってしまうのは不本意との判断に至った」という。

 通常、ハッピーボーナスや年間割引を契約更新月以外で解除する場合、ハッピーボーナスでは10,500円、年間割引では4,200円の契約解除料を支払う必要がある。ハッピータイムがきっかけで割引サービスも契約したユーザーの中には、通話料が値上がりする可能性があるために解約しようとしても、契約解除料を支払わなければならなかった。従って、今回同社が行なう措置はそういったユーザーへ配慮した結果となる。

 契約解除料が無料になるのは、「ハッピータイム」が発表された2003年9月17日から2004年4月30日までにハッピーボーナスや年間割引を契約したユーザー。ただし、解除料無料で手続きできるのは、7月1日〜31日までの間となっている。同社では対象ユーザーに対して、ショートメッセージやダイレクトメールで今回の措置を伝えているという。



URL
  ボーダフォン
  http://www.vodafone.jp/
  ハッピータイム 概要
  http://www.vodafone.jp/japanese/pricelist/waribiki/happytime.html
  ハッピーボーナス 概要
  http://www.vodafone.jp/japanese/pricelist/waribiki/happybounus.html
  年間割引 概要
  http://www.vodafone.jp/japanese/pricelist/waribiki/nenkan.html

関連記事
ボーダフォン、5分話すと30分無料となる「ハッピータイム2」
J-フォン、土日祝の通話料が1分5円の新料金体系


(関口 聖)
2004/06/22 15:34

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.