ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

「V602SH」の文字変換機能に不具合、90,000台に影響

 ボーダフォンは、シャープ製の「V602SH」において、メールなどで特定の文章を連文節変換した場合に、作成中の文章が破棄されて待受画面に戻ってしまう不具合が確認されたと発表した。

 今回の不具合は、メールなどで「かぜがなおる」「ひょうかがわかれる」の2通りの文章を一括変換した場合に、文章作成画面が消えて待受画面に戻ってしまうというもの。店頭在庫も含めて、V602SHの約90,000台が影響を受ける。ボディカラーがセラミックホワイトでは製造番号「JSHK1000001〜JSHK1030085」の端末、ジェイドブルーでは「JSHK3000001〜JSHK3030085」、ルビーレッドでは「JSHK5000001〜JSHK5030085」が対象。

 ボーダフォンでは今回の不具合の回避方法として、単文節変換の方法を紹介。また、8月2日よりボーダフォンショップで預かり修理でも対応、1週間程度かかるとのこと。



URL
  ニュースリリース
  http://www.vodafone.jp/japanese/information/info/040802.html


(津田 啓夢)
2004/08/02 13:58

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation  All rights reserved.