ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモとボーイング、飛行機内で「Mzone」のローミングサービス

CEATEC JAPAN 2004では、ファーストクラスを模したシートでデモンストレーション
 NTTドコモとボーイングのビジネス部門 コネクション・バイ・ボーイングは、国際線の機内において、ドコモの公衆無線LANサービス「Mzone」のローミングサービスを10月22日から提供する。

 コネクション・バイ・ボーイングでは、飛行機内でのインターネット接続サービス「Connexion by Boeing」を提供している。ドコモの「Mzone」はこのサービスとローミングし、空の上での公衆無線LANサービスを実現する。

 利用する場合はまずMzoneの会員になり、コネクション・バイ・ボーイングのポータルサイトにアクセス、その後MzoneのIDとパスワードを入力し、支払い方法で「DoCoMo」を選択する。利用料金は3時間未満のフライトで1,900円、3〜6時間のフライトで2,500円、6時間以上のフライトで3,700円。いずれも飛行機内は課税対象外。

 提供される路線は、ルフトハンザの成田-ミュンヘン間、ミュンヘン-サンフランシスコ間、ANAの成田-上海間、JALの成田-ロンドン間などの一部の便。対応路線は今後順次拡大される見込み。

 なお、CEATEC JAPAN 2004のドコモブースでは、ファーストクラスをイメージしたシートを使って今回の発表のデモンストレーションを行なっていた。

 会場スタッフによれば、今回のサービスはファースト・ビジネス・エコノミーの別なく利用できるとのことだが、座席にコンセントが装備されているファーストクラスやビジネスクラスのユーザーをターゲットにしているとのこと。


座席にコンセントが装備されているファーストクラスやビジネスクラスのユーザーがターゲット


URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/04/whatnew1006.html


(津田 啓夢)
2004/10/06 18:41

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.