ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

「Vodafone live! BB」、パソコンで動画をダウンロード

 ボーダフォンは、同社の3G端末、Vodafone 902/802/702シリーズ向けの新サービスとして、パソコンを利用して大容量コンテンツをダウンロードし、携帯電話で閲覧できる「Vodafone live! BB」サービス開始した。

 「Vodafone live! BB」は、11月10日に発表された同社の新3G端末向けのサービスの1つで、携帯電話でダウンロードできない数MB〜数十MBの動画ファイルなどをパソコンを利用してダウンロードし、メモリカードなどで携帯電話に移動させて楽しむというもの。利用料金は、各ファイルに対応した「コンテンツ・キー」を携帯電話から購入して支払う仕組み。

 対応する機種は、「Vodafone 802N」を除くVodafone 902/802/702シリーズ6機種。今後発表される3G端末に関しても基本的に同サービス対応となる予定。

 提供されるコンテンツは、サービス開始時点で9コンテンツ。韓国ドラマやグラビアアイドル、お笑いなどの幅広い動画コンテンツが用意されている。また、コンテンツは今後も随時追加される。

Vodafone live! BBコンテンツ
コンテンツ名 コンテンツプロバイダー
韓国ドラマBB ショウタイム
ショウタイムアイドルBB ショウタイム
シブスタ テレビ東京ブロードバンド
オー!マイキー テレビ東京ブロードバンド
アイドルBB スターゲート
よしもと爆笑セレクション ファンダンゴ
プロの半笑い ファンダンゴ
R and C ファンダンゴ
BEING GIZA BB ゼット


提供コンテンツのイメージ。左から「韓国ドラマBB」、「ショウタイムアイドルBB」、「プロの半笑い」

 利用にあたっては、まずパソコンでVodafone live! BBのサイトにアクセスする。Vodafone live! BBのサイトでは、コンテンツプロバイダー別や動画のカテゴリー別にコンテンツを探せるようになっており、気に入ったコンテンツをダウンロードできる。この時点では、ダウンロードに別途利用料金などはかからず、自由にダウンロードできる。ダウンロードされた動画ファイルはDRM技術により暗号化されており、パソコンからは閲覧できない仕様。

 パソコンに保存したVodafone live! BBの動画ファイルは、メモリカードリーダーライターなどを利用してメモリカードに動画ファイルを転送し、携帯電話に移動できるほか、Vodafone 902/802/702シリーズのパッケージに付属のパソコン連携ソフトなどを使って転送できる。

 携帯電話に移動した動画ファイルは、暗号化されているためそのままでは閲覧できない。コンテンツ・キーを購入していない場合は、動画ファイルを選択するとコンテンツ・キーを購入するかどうかを尋ねられるので、購入の選択をして専用携帯サイトからコンテンツ・キーを購入する。コンテンツ・キーは1回だけの視聴が可能なものから、複数回の視聴が可能なものまでさまざまな種類が用意されており、コンテンツプロバイダーによって提供される種類は異なる。また、コンテンツ・キーは1動画ファイルに対してキーが1つ存在する対の関係となっており、ユーザーは気に入った動画ファイルのコンテンツ・キーだけを購入できる。


802SEでの場合。コンテンツ・キーを購入していない場合は、アイコンの鍵に斜線が付く 再生しようとすると、コンテンツ・キーの購入を求められる。文言は端末により変わる コンテンツ・キーを購入した状態での一覧表示

 Vodafone live! BBの動画ファイルとコンテンツ・キーは、携帯電話上でそれぞれ別のファイルとして存在し、コンテンツ・キーは携帯電話から外部に移動させることはできず、機種変更などの際にも移動させることはできない。一方、動画ファイルは携帯電話にコンテンツ・キーがない限り閲覧は不可能で、ユーザー間で動画ファイルをやりとりすることもできる。その場合、動画ファイルを受取ったユーザーは、コンテンツ・キーを購入すれば動画を閲覧できる。

 また、誤って動画ファイルを消去してしまった場合などでも、使用回数制限などが切れていない有効なコンテンツ・キーを所有してさえいれば、動画ファイルをパソコンでダウンロードし直せばよい。

 ボーダフォンによれば、同サービスはパソコンと携帯電話を意欲的に使う層をターゲットにしているとのことで、対応端末が普及することでコンテンツプロバイダーの参加を見込み、幅広い動画コンテンツのラインナップを目指すとしている。



URL
  Vodafone live! BB
  http://bb.vodafone.jp/


(太田 亮三)
2004/12/15 12:28

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.