ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモ、FOMAのiモード通信で一部課金データを消失

 NTTドコモは、関東甲信越エリアにおけるFOMAのiモード通信で、交換機の設定ミスによりパケット通信量のカウントが行なえない状況が発生していたため、一部の課金データを消失したと発表した。ユーザーに対しては、正常にカウントされた課金データでのみ料金を請求し、消失した分については請求しない。

 同社によれば、課金データの一部がカウントされていなかったという事象が発生していたのは1月13日〜3月15日の約2カ月間。1月13日より実施していたFOMA用交換機の増設工事において、通信量をカウントするデータの設定でミスがあったことが原因という。通信そのものは正常に機能していた。

 消失データは復元不可能とのことで、関東甲信越エリアのFOMAユーザーが該当期間中に行なったiモード通信において、実際の消失データ分の通信料がどの程度に及ぶか、あるいは対象ユーザーの数などは調査できない。このため、同社では正常にカウントされた分のみ請求することにしている。

 なお、同社によれば、設定ミスがあった通信設備の割合や契約数などを元に試算したところ、消失分は10億円程度になるという。



お問い合わせ先
  NTTドコモ 窓口
  0120-264-360


URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/05/whatnew0413.html


(関口 聖)
2005/04/13 11:57

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.