ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

UE、iアプリ対応のフルブラウザ「サイトスニーカー」のベータ版

 ユビキタスエンターテインメント(UE)は、アスキーの協力を受けて、パソコン向けWebサイトを閲覧できるiアプリブラウザ「サイトスニーカー」のベータ版を公開した。ダウンロードサイトで必要事項などを入力すると、無料で利用できる。

 「サイトスニーカー」は、HTML3.2準拠のiアプリ対応Webブラウザ。方向キーの上下左右のスクロールが可能で、ブックマークの登録や、画面キャプチャーも可能。キャプチャーした画像を待受画像にも設定できる。

 また、ページ内の画像を表示させないことも可能。カーソルで画像部分を選ぶと、指定の画像のみ表示できる。さらに、画像を右端までスクロールさせると、自動的に改行して左端に戻るといった工夫もなされおり、既存のiモードサイトへのジャンプや、端末のメールソフトとの連動も可能となっている。

 なお、「サイトスニーカー」は、JavaScriptやCSSなどに対応しない。このため、複雑なページは表示が崩れてしまう場合があるが、サーバー側で特定Webサイト向けのフィルターを用意することで対応する。現在、2ちゃんねる本誌などは閲覧できるという。

 UEでは、4月25日〜5月25日かけて、ベータ版のテスターとしてユーザーに広く参加を呼びかけている。要望がある場合は、UEが運営するブログ「サイトスニーカー開発日誌」を通じてメールかトラックバックを行なう。このブログで未対応サイトへのリクエストなども受け付けている。また将来的には、このフィルターをユーザー側が開発できるような仕組みも視野に入れているとのこと。

 アプリ容量は17KB、スクラッチパッドが150KB。505i/506iシリーズ、700i/900i/901iシリーズに対応する。ただし、「パケ・ホーダイ」に加入していない場合は、パケット通信料に注意が必要だろう。

 UEでは、8月にも正式版をリリースしたい考えだ。正式版も無料で提供される予定で、サイト読み込み時に表示されるバナー広告などで収益を上げていくという。携帯向けフルブラウザでは、jig.jpの「jigブラウザ」や、プログラマーズファクトリの「Scope」が先行して提供されているが、UEでは、スクロールのスピードや、画像表示OFF設定から画像を確認できる点など「実用性を重視した」という。




URL
  ダウンロードサイト
  http://pease.jp/
  サイトスニーカー開発日誌
  http://www.sevenocean.jp/sitesneaker/


(津田 啓夢)
2005/04/25 19:46

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.