ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ボーダフォン、地デジ放送対応ケータイの試作機開発

地デジ放送対応携帯電話(試作機)
 ボーダフォンは、シャープやNHK(日本放送協会)と協力し、携帯機器向け地上デジタル放送が受信できる携帯電話の試作機を開発した。

 今回の試作機は、携帯機器向けの地上デジタル放送に対応した携帯電話。H.264/AVCの映像受信や、データ放送などの表示に対応。テレビを楽しみながらメールやWebを利用できる「複数分割表示機能」も搭載されている。

 試作機では、約2時間の視聴が可能。大きさは約50×101.5×28.8mmで、重さが約133gとなる。

 同社では、今回の試作機で、放送番組の付加情報をネットワーク経由で提供するサービスや、クイズやアンケートなどの番組連動サービスなど、通信と放送の連動したサービスについて操作性も含めて検証するとしている。なお、今回の試作機は、5月26日〜29日に開催されるNHK放送技術研究所の技術展「技術公開2005」に出展されるほか、6月1日より「愛・地球博」のグローバルハウスでも展示される。

 ボーダフォンが、携帯向け地上デジタル放送について発表するのは今回が初めて。過去にコンセプトモデルの紹介時に説明があったのみだった。同社では、携帯向け地上デジタル放送のサービス開始に合わせて、対応端末の投入を目指すとしている。



URL
  ニュースリリース(PDF形式)
  http://www.vodafone.jp/japanese/release/2005/050512.pdf

関連記事
地上デジタルの携帯端末向けフォーマットが「AVC/H.264」に決定
ボーダフォン、「KOTO」に続くコンセプトモデルを公開
第133回:地上波デジタル放送 とは


(津田 啓夢)
2005/05/12 15:58

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.