ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

手ぶれ補正カメラ搭載でアルミボディの「SH901iS」

SH901iS
 シャープ製「SH901iS」は、ハイスペックをコンセプトに掲げたFOMA端末。液晶テレビ「AQUOS」と同じ技術を用いた2.4インチ、240×320ドットで262,144色表示が可能なモバイルASV液晶ディスプレイを備えており、ヒンジ部近くにはスピーカー開口部が4カ所設けられている。スピーカー自体は2つだが、音が広がるよう考慮された設計になるという。

 特徴的な機能として、端末を横置きにして動画を楽しめる「デスクトップシアタースタイル」を採用。側面に8度の角度がつけられており、端末を横にして机の上などに置くと、ディスプレイが見やすいようになっている。横置きにする際は、端末右側面が上になるような形が想定されており、あわせて右側面下部にイヤホンジャックを装備。「デスクトップシアタースタイル」で動画を見ながら、イヤホンで音を聞くという利用方法が可能だ。

 AV機能関連では、AV機器と「SH901iS」を接続して、テレビ番組を録画したり、モニター側へ映像を出力したりできる機能も用意されている。

 キー側ボディ背面には、有効画素数316万画素のCCDカメラが配されている。オートフォーカス機能に対応しているが、設定を変更することで「スポットオートフォーカス」という新機能が利用できる。これは、画面を9分割し、撮影時に1〜9までの数字キーを押せば、対応する数字の場所にフォーカスするというもの。通常であれば、画面中央でピントが定まるが、「スポットオートフォーカス」であれば、画面の右隅、あるいは左隅にピントが来るということも可能となる。このほか、カメラ関連では、hQVGAサイズの動画撮影時に手ぶれ補正機能が利用できる。ただし静止画撮影時には利用できない。携帯電話向けの機能としては珍しい手ぶれ補正だが、子供やペットなど動きのある物を撮影する際のシャープが出した答えの1つと言える。なお、最大256MBのminiSDカードが利用できる。

 大きさは111×52×25mm(高×幅×厚)で、重さは150g。アルミ素材を利用したボディデザインで、機能面とともに高級感が演出されている。連続待受時間は、静止時で約420時間、移動時で約350時間。連続通話時間は約130分、連続テレビ電話時間は約80分。ボディカラーは、ブルーストリーム、ホワイトアイス、シルバーサンド、ブラックコスモの4色。


ブルーストリーム ホワイトアイス

シルバーサンド ブラックコスモ

ブルーストリームを持ったところ。やや大振りなボディ 開いたところ 2軸回転ヒンジ

ディスプレイを露出したまま折りたたんだところ キー配列 316万画素カメラ

右サイドにも操作ボタン 左側面 デスクトップシアタースタイル

角度がつけられている なめらかな動画再生が可能だ イヤホンを装着して動画を楽しめる

メインメニュー カメラ機能ではオートフォーカス対応。他のフォーカス設定も選択できる

スポットオートフォーカス 撮影時はこのような形でフォーカスされる


URL
  ニュースリリース
  http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/05/whatnew0517.html
  製品情報
  http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/products/foma/901is/sh901is/

関連記事
ドコモ、新FOMA「901iS」シリーズ開発


(関口 聖)
2005/05/17 14:11

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.