ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ボーダフォン、法人向け音声定額プランを大幅値下げ

 ボーダフォンは、3G携帯電話を社内の内線電話のように通話料無料で利用できる法人向け料金プラン「ボーダフォン・モバイル・オフィス」(VMO)において、6月1日より月額基本利用金を値下げし、サービスを拡充する。

 「VMO」は、昨年7月よりスタートした法人向け料金プラン。同一法人契約名義のグループ内の3G端末同士であれば、月額基本料金のみで通話できるほか、短縮番号を割り当てることで、内線電話のようにも利用できる。また、端末購入費用と新規契約時の契約事務手数料のみで導入できる点も特長だ。

 今回のサービス改訂では、従来、8時〜19時間の通話が無料となっていた「ボーダフォン・モバイル・オフィス・デイタイム」が廃止。終日通話無料の「ボーダフォン・モバイル・オフィス・オールタイム」の名称が、「ボーダフォン・モバイル・オフィス」に変更され、月額基本料金9,240円が大幅に値下げされて、月額5,460円となる。

 さらに、グループ回線数の下限が20回線から10回線に緩和されたことで、部署単位でも導入しやすくなる。また、「ボーダフォン・モバイル・オフィス専用複数回線割引」が廃止され、より割引率の高い「法人複数回線割引」が適用可能となる。

 なお、グループに設定した一般電話と通話する場合は、8時〜19時が1分10.5円、19時〜翌8時が15.75円かかる。グループ以外の電話については、一律1分21円となる。MMSやSMS、ボーダフォンライブ!も利用可能。6月1日より導入予定のパケット通信料の変動定額オプション「デュアルパケット定額」やメール定額オプション「メール定額」も適用可能なほか、年間割引や継続割引といった従来の適用可能だったサービスも継続して併用できる。



URL
  ニュースリリース(PDF形式)
  http://www.vodafone.jp/japanese/release/2005/050526.pdf
  Vodafone Mobile Office
  http://www.vodafone.jp/japanese/business/office/

関連記事
第212回:モバイルセントレックス とは
ボーダフォン・ベナー氏、「携帯で業務効率の改善を」


(津田 啓夢)
2005/05/26 16:12

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.