ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

先進的なITユーザーに人気のケータイメーカーはシャープ

 インターネット生活研究所は、年収の10%以上をIT関連製品やサービスで消費する先進的なITユーザーの消費動向に対する調査を行ない、「先進ITユーザー消費動向調査報告書2005」としてまとめた。調査期間は5月9日〜16日で、インターネットを利用する男女1,850人から回答を得た。

 調査では、年収の10〜15%をIT関連製品やサービスに使う先進的なITユーザーにおいて、使用している端末メーカーのトップはシャープで、使用比率は22.1%となった。サンプル全体のメーカー別シェアは、シャープ(17.6%)、松下電器(15.3%)、NEC(12.3%)、ソニー・エリクソン(11.8%)となっており、シャープが先進的なITユーザーから支持を得ている結果となった。

 また、端末の買い替え周期については、サンプル全体で、1〜2年未満が34.1%、2〜3年未満が33.4%で約7割を占めた。このうち、年収の15%以上をIT関連に消費する層で、2年以内に端末を買い替えるユーザーは55.4%と半数以上に上った。

 買い替え理由については、サンプル全体では「バッテリーの劣化」(33.4%)がトップで、「新しいサービス・アプリを使うため」(30%)、「3Gに移行したい」(17.4%)が続いた。年収の15%以上をIT関連に消費する層では、「バッテリーの劣化」が29.5%まで下がり、「新しいサービス・アプリを使うため」が37.5%と上昇した。また、「現使用機種の使い勝手が悪い」も全体より6ポイント高い21.0%となっている。


サンプル全体でのメーカー別シェア


URL
  ニュースリリース
  http://www.impressholdings.com/release/2005/024/


(津田 啓夢)
2005/05/31 16:06

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.