ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ドコモ、「SH901iC」の動作速度を改善するソフトウェア更新

SH901iC
 NTTドコモは、3月に明らかにした「SH901iC」の不具合を解消するソフトウェア更新を行なうと、文字入力時に動作速度が若干遅くなる事象があるとして、動作速度を改善するソフトウェア更新を2005年6月13日〜2006年6月30日まで提供する。

 「SH901iC」は、iモード FeliCa対応のシャープ製FOMA端末。3月にはメール関連機能などにおける不具合が明らかにされ、それらの事象を修正するソフトウェア更新が提供されている。今回発表された事象は、3月発表の不具合を修正した場合、メール作成時などの文字入力で、使用頻度の低い文字を変換する場合などに、修正前と比べて動作速度が遅くなっているというもの。また、ダウンロード辞書を利用している場合は、メール本文を閲覧する場合、表示までの速度が遅くなっているという。

 ドコモによれば、「3月より提供しているソフトウェア更新では、不具合が起きないように新たな処理を追加している。これに伴い、ユーザーから『修正前より動作が遅い』という申告があり、より快適に利用してもらうため、新たなソフトウェア更新を提供することにした。動作速度の遅れは1秒にも満たない程度」と説明している。このため、今回のソフトウェア更新を適用しなくても「SH901iC」をそのまま利用できる。

 6月6日時点での「SH901iC」販売台数は約64万台。正確には、これらのうち、3月のソフトウェア更新を適用したものだけが、今回のソフトウェア更新対象となる。また、6月製造分以降は修正済となっている。



URL
  ドコモからのお知らせ
  http://www.nttdocomo.co.jp/info/customer/caution_s/sh901ic_2.html

関連記事
「SH901iC」に不具合、ソフトウェア更新で対応
SH901iC(メタルシルバー)


(関口 聖)
2005/06/13 14:34

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.