ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

Bluetoothやオフィス文書閲覧機能搭載の「WX310K」

 ウィルコムは、京セラ製「WX310K」を11月下旬より販売する。価格は2万円〜3万円程度になる見込み。

 WX310Kはパソコン向けWebサイトを閲覧できる「Opera」ブラウザを搭載するPHS端末。2004年5月に発売された「AH-K3001V」の後継機種と言えるもの。同時に発表された「WX300K」よりも多機能で、よりハイエンドに位置付けられたモデルになる。

 通信機能は4xパケット方式(最大128kbps)に対応。Bluetoothやメガピクセルカメラ、miniSDカードスロットを内蔵したほか、ミュージックプレーヤー機能やFlashプレーヤー、パソコン向けファイルを閲覧できる「Picsel Viewer」、動画撮影機能、QRコードリーダー機能などを搭載している。同時に発表された三洋製の「WX310SA」や日本無線製の「WX310J」が搭載しているJava機能やICレコーダー機能は、同機種には搭載されない。

 ミュージックプレーヤー機能は、miniSDカードに保存されたMP3ファイルとATRAC3ファイルの再生に対応する。miniSDカードの対応容量は未定だが、512MBのカードまでは動作を確認しているという。

 MP3ファイルは、miniSDカードにコピーしただけでWX310K上での再生が可能。ATRAC3ファイルに関してはWX310KとパソコンをUSBケーブルで接続し、専用ソフトで転送したファイルのみ再生が可能となる。ATRAC3ファイルはセキュアな形式で保存され、そのファイルは転送したWX310Kでしか再生できない。OperaでダウンロードしたMP3ファイルの再生も可能だが、音楽配信などのサービスが行なわれるかどうかは未定。

 なお、WX310KにはATRAC3ファイルを転送するためのソフトウェアが付属する。ソフトの種類は不明だが、ソニー製の「SonicStage」ではないとのこと。

 カメラは130万画素のCMOSを搭載。最大でSXGA解像度(1,280×960ドット)で撮影できる。BluetoothはVer 1.2に準拠し、HFP(Hands-Free-Profile)、DUN(Dial-Up Networking Profile)、HSP(Head-Set-Profile)に対応。

 Flashプレーヤー機能はOperaと連動していて、インターネット上のFlashコンテンツの再生に利用できる。Flashに対応するウィルコム端末は現時点ではWX310Kのみ。Picsel ViewerはPDF、Excel、Word、PowerPointのファイルが閲覧可能。


ボタン配置。上部にページスクロールボタンがある、AH-K3001Vを踏襲したデザイン ヒンジ部上端にminiSDカードスロットを搭載

左側面にはロック・縮小ボタンがある 右側面にはシャッター・拡大ボタンがある

 なお、Flashプレーヤー、Picsel Viewer、動画撮影機能、ミュージックプレーヤー機能に関しては、標準状態では利用できず、有償のライセンスキーを購入することで利用できるようになる。これらのライセンスキーの価格は発売前に京セラのWebサイトにて公開される予定。QRコードリーダー機能にもライセンスキーが必要だが、こちらのライセンスキーは無償で提供される。

 端末本体だけで内蔵ソフトウェアの書き換えができるのも特徴。従来モデルでは内蔵ソフトウェアの書き換えにはインターネットに接続したパソコンが必要だったが、WX310Kの場合、Operaブラウザでアップデートプログラムをダウンロードし、プログラムの追加・更新が行なえる。前述のミュージックプレーヤー機能はライセンスキーの購入とともに、プログラム本体のダウンロードも必要。リモートロック機能もダウンロード提供される予定。

 POPやSMTPに対応したメーラーを搭載。メインディスプレイは26万色表示の2.4インチQVGA液晶、サブディスプレイはモノクロ液晶を装備する。本体にmini-B規格のUSB端子があり、パソコンと接続することでネット接続できるほか、USBマスストレージクラスにも対応し、miniSDカード内のデータをパソコンのドライブとして認識できる。対応するパソコンはWindows 98SE以降、およびMac OS X。

 本体の大きさは約100×50.5×24mmで重さは約123g。カラーバリエーションはビターオレンジとシルバー、ノーブルピンクの3種類。連続通話時間は5時間、連続待受時間500時間、充電時間は4時間となっている。


背面のディスプレイ・カメラ周辺はヘアライン加工風の質感 ヒンジ部にアンテナがある

メインメニュー フルブラウザの「Opera」を搭載 日本語入力は予測変換に対応

Bluetooth機能やライセンスキーやダウンロードが必要な機能はメインメニューの「アクセサリ」項目にある カメラの解像度設定。ケータイ向け解像度のほかに、SXGAとVGAが選べる


URL
  ニュースリリース(ウィルコム)
  http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2005/09/27/index_01.html
  ニュースリリース(京セラ)
  http://www.kyocera.co.jp/news/2005/0902.html

関連記事
ウィルコム、全機種フルブラウザ搭載の新端末4機種


(関口 聖, 白根 雅彦)
2005/09/27 14:11

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.