ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

KDDI、鈴鹿F1会場でG'zOneやおサイフケータイをアピール

KDDIブース

 会場内のKDDIブース。F1マシンの体験搭乗などのイベントで盛り上がった
 10月7日〜9日にかけて三重県・鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GP。日本の携帯電話事業者では、NTTドコモがルノー、KDDIがトヨタ、ボーダフォンがフェラーリをそれぞれサポートしている。

 このうち、KDDIは鈴鹿サーキットの会場内にブースを設置。トヨタのF1マシンの横で、おサイフケータイ「W32H」「W32S」の実機を展示。タフネスケータイ「G'zOne TYPE-R」を水槽に沈めるデモなども行なっていた。

 8日に行なわれた予選では、突如強くなった雨にも助けられ、トヨタのラルフ・シューマッハがポールポジションを獲得。地元でのチーム初優勝の期待がかかったが、決勝ではスタート直後のセーフティカー導入などの不運もあり、8位に終わった。優勝は、ファイナルラップの1コーナーでルノーのジャンカルロ・フィジケラをかわしたマクラーレン・メルセデスのキミ・ライコネンだった。


おサイフケータイ G'zOne TYPE-R
 F1マシンの隣でおサイフケータイ「W32H」「W32S」をアピール  G'zOne TYPE-Rは水槽に入れられ防水性能をデモ

ラルフ・シューマッハ 決勝
 ポールポジションを獲得し声援に応えるラルフ・シューマッハ  ホームストレートを駆け抜けるラルフ・シューマッハ


URL
  KDDI
  http://www.kddi.com/


(湯野 康隆)
2005/10/11 12:24

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.