ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ネットユーザーのフルブラウザ利用意向は約4割

 楽天と三菱総合研究所は、9月30日〜10月4日にかけて、Web上で「第18回携帯電話コンテンツ/サービス利用調査」と題して、携帯電話でパソコン向けのWebサイトが閲覧できる「フルブラウザ」の利用動向調査を行なった。対象は15〜69才の男女で、2,460人(男女比5:5)から回答を得た。

 その結果、フルブラウザの利用経験者は全体の約1割で、男性の利用率が高く12.5%となった。年代別では、40代以下の割合が多く、プリセットされたフルブラウザを利用する傾向が高かった。また、利用するWebサイトは、「検索・ポータルサイト」が46%と高く、「ニュース/各種情報(スポーツ、芸能、音楽、映画、テレビ等)」、「交通案内/地図/旅行」が続いた。

 フルブラウザの利用による携帯向けサイトの利用頻度の変化については、利用頻度に変化はないとしたユーザーがもっとも多く、次いで「減った」、「増えた」が続いた。有料コンテンツの利用変化では、利用金額が減ったとするユーザーが、増えたユーザーの2倍以上と大きく差をつけた。

 なお、フルブラウザの利用者には、もともと携帯向けWebサイトを利用していなかった人が35.1%もいたという。この結果を踏まえて、調査レポートでは「フルブラウザが携帯電話からのサイト利用のきっかけとなっている」としている。

 このほか、今後の利用意向については、約4割が利用したいと回答。ただし、利用に際してパケット通信料を心配するユーザーが6割を占めた。



URL
  リサーチ公開データ
  http://research.rakuten.co.jp/release/051026/


(津田 啓夢)
2005/10/26 15:20

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.