ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

携帯メーカー各社の中間決算、シャープや富士通などが好調

 携帯電話を手掛ける国内メーカーの中間決算が続々と発表されている。携帯電話部門が属すセグメントが異なるなど、数値では単純な比較は難しいところだが、「好調」としたメーカーはシャープや富士通、東芝となっており、NECは出荷計画を下方修正するなど、明暗が分かれる状況となっている

 なお、主要メーカーの中では、カシオが11月2日に、三洋が11月18日に中間決算を発表する予定となっている。

 国内の携帯メーカーの中で、ユーザーから強く支持されているNECの中間決算は、低調な結果となった。連結ベースで見ると、売上高は2兆2,330億円(前年同期比97%)で、営業利益は130億円(同21.9%)、当期純利益は164億円(同65.2%)となった。携帯電話が属するネットワークソリューション事業は、売上高が8,113億円(同90%)、営業利益137億円。モバイル部門の売上高は4,180億円と、前年同期より16%減少した。

 NECでは、携帯電話端末の出荷台数も公表。それによれば、第1四半期は240万台、第2四半期は230万台となり、上半期の出荷台数は470万台となった。前年同期では600万台という結果だったが、今回は130万台の減少となり、同社では年間出荷台数の予測を1,500万台から約500万台減らし、1,000万台強に下方修正している。

 NECに続き、人気メーカーとされるパナソニック モバイルコミュニケーションズは、売上高が2,464億円(前年同期比85%)で、営業利益は53億円の赤字となった。親会社である松下電器産業の連結ベースにおける売上高は、4兆2,592億円(同99%)、営業利益は1,711億円(同109%)、当期純利益は644億円(同115%)となっている。

 液晶事業が好調なシャープは、連結ベースでの売上高が1兆3,355億円(前年同期比106.2%)、営業利益が751億円(同96.8%)、当期純利益が365億円(同92.8%)となった。携帯電話が属すエレクトロニクス機器部門の「AV・通信機器」の売上高は5,140億円。このうち、携帯電話・PHS事業については、同社独自の液晶を搭載した3G端末などラインナップ拡充を図り、好調に推移したとして、売上高は2,200億円(同108.7%)という結果になっている。

 NTTドコモ向けに端末を出荷しているメーカーとして、らくらくホンなど独自ラインナップの強みを持つ富士通は、連結ベースでの売上高が2兆1,923億円で前年同期より1.2%減、営業利益は476億円(前年同期比42.9%)、当期純利益は76億6,600万円となった。携帯電話やパソコンなどが属すユビキタスプロダクトソリューション事業の売上高は、4,984億円(前年同期比103.5%)となった。特に携帯電話部門については、「ユニバーサルデザインの端末が好調」とのことで、出荷台数は昨年より約15万台増加し、この中間期では169万台に達した。ただし、通期予想は昨年実績の349万台よりも低めに見ており、310万台になるとしている。

 同じくドコモ向けを中心に端末を供給する三菱電機の中間決算は、連結ベースで売上高1兆6,478億円(前年同期比102%)、営業利益460億円(同106%)、当期純利益291億円(同153%)となった。携帯電話事業が属す通信事業は、売上高2,686億円、営業利益43億円の赤字となった。携帯電話は低調だったとのことで、通信事業部門での受注・売上が減少したと指摘されている。


 グローバルに事業展開するソニー・エリクソンは、国内メーカーとは異なり、10月17日付けで2005年第3四半期決算(2005年7〜9月期)が発表されている。それによれば、売上高は20億5,500万ユーロで、当期純利益は1億400万ユーロ。海外向け端末の「W800」などが好調で、販売台数は1,380万台に達し、前期や前年同期と比べても順調な成長を遂げている。

 京セラの連結ベースにおける売上高は、前年同期より9.2%減となる5,453億円。営業利益は同43.1%減の353億円、当期純利益は同43.1%減の242億円となった。全体としては厳しい結果となったが、携帯電話が属する通信機器関連事業も同じく前年同期より減少し、売上高は910億8,400万円、部門利益は93億円の赤字となった。

 auおよびボーダフォン向けに端末を投入している東芝は、連結ベースの売上高が2兆9,001億円(前年同期比104%)、営業利益が514億円(同101%)、当期純利益が146億円(同175%)となった。携帯電話やパソコンなどが属すデジタルプロダクツ部門は、前年同期比9%増の1兆1,629億円、営業利益は67億円となった。同社では、パソコンやストレージデバイスなどと同じく、携帯電話も好調と説明している。

 カシオとともに、カシオ日立モバイルコミュニケーションズを設立した日立製作所の売上高は4兆4,133億円(前年同期比1.9%増)、営業利益は777億円、当期純利益は109億円の赤字となった。携帯電話を含むデジタルメディア・民生機器部門は、売上高が6,118億円、営業利益は162億円の赤字となっている。

メーカー各社:中間決算概要(カッコ内は前年同期比)

売上高 営業利益 当期純利益
NEC 連結 2兆2,330億円
(97%)
130億円
(22%)
164億円
(65%)
個別 4,180億円
(84%)
パナソニック 連結 4兆2,592億円
(99%)
1,711億円
(109%)
644億円
(115%)
個別 2,464億円
(85%)
-53億円
(―)
シャープ 連結 1兆3,355億円
(106%)
751億円
(97%)
364億円
(93%)
個別 5,140億円
(112%)
162億円
(107%)
富士通 連結 2兆1,923億円
(99%)
476億円
(143%)
77億円
(-94%)
個別 4,984億円
(104%)
166億円
(475%)
三菱電機 連結 1兆6,478億円
(102%)
460億円
(106%)
291億円
(153%)
個別 2,686億円
(100%)
-43億円
(43.8%)
ソニー・エリクソン※1 2,867億円
(123%)
145億円
(116%)
京セラ 連結 5,453億円
(91%)
353億円
(57%)
242億円
(57%)
個別 911億円
(69%)
-93億円
(191%)
東芝 連結 2兆9,001億円
(104%)
514億円
(101%)
146億円
(175%)
個別 1兆1,629億円
(109%)
67億円
(-53%)
日立 連結 4兆4,133億円
(102%)
777億円
(61%)
-109億円
(-27%)
個別 6,118億円
(95%)
-162億円
(-153%)
※1:第3四半期(2005年7〜9月期)、金額は円換算(1ユーロ=139.48円)



URL
  NEC プレスリリース
  http://www.nec.co.jp/press/ja/0510/2701.html
  パナソニック  IR情報
  http://ir-site.panasonic.com/jp/
  シャープ 投資家情報
  http://www.sharp.co.jp/corporate/ir/report/
  富士通 決算資料
  http://pr.fujitsu.com/jp/ir/finance/2005h/
  三菱 決算概要
  http://www.mitsubishielectric.co.jp/ir/library/03.html
  ソニー・エリクソン 決算短信
  http://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/financial/fr/semc/q305.html
  京セラ 投資家向け情報
  http://www.kyocera.co.jp/ir/
  東芝 投資家情報
  http://www.toshiba.co.jp/about/ir/
  日立 決算報告
  http://www.hitachi.co.jp/IR/info/


(関口 聖)
2005/11/01 12:50

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.