ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

モバイルWiMAXの実用化は? 総務省が情報通信審議会に諮問

 総務省は、2.5GHz帯を使ったワイヤレスブロードバンドサービスの実現に向け、どのような技術的条件が求められるか、情報通信審議会に諮問すると発表した。11月にも答申を得る考え。

 総務省では、2.5GHz帯での広帯域移動無線アクセスシステムが利用できるよう、情報通信審議会での検討を求めていく。対象となる通信方式は、3G/3.5Gを上回る伝送速度や、周波数利用効率を実現するもので、10Mbps程度の上り速度、20Mbps〜30Mbps以上の下り速度というシステムとなる。具体的には、WiMAX(モバイルWiMAXを含む)や、ウィルコムが提唱する次世代PHS、京セラが進めるiBurstなどが候補となっている。

 審議会では、それらのシステムと隣り合わせになるシステムがあった場合に必要なガードバンドなど、周波数の有効利用を実現できる技術的条件や、複数の事業者によるインフラの共用技術などを検討していくという。

 また総務省ではあわせて、1.5GHz帯を3Gサービスでも活用できるよう、その技術的条件を情報通信審議会に諮問する。こちらは7月頃に答申が得られる予定で、これまでドコモやボーダフォン、ツーカーの2G向けとして活用されてきたが、周波数再編や3Gへの市場の移行といった動きを受けて、審議会では必要なガードバンド幅や無線設備の技術的条件などが検討されることになる。



URL
  2GHz帯の諮問について
  http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060227_2.html
  1.5GHz帯の諮問について
  http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060227_1.html

関連記事
KDDIがモバイルWiMAX実用化に目処、ウルトラ3Gに向け前進
KDDIが提唱する「ウルトラ3G」、その実力は?
第222回:WiMAX とは
ウィルコムが次世代PHSをデモ、現状は下り2Mbps程度
無線ブロードバンド技術「iBurst」
携帯周波数の検討会、「新規事業者に1.7GHz」という意見も


(関口 聖)
2006/02/27 18:12

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.