ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

BBモバイル、ボーダフォン株97.64%を公開買付で取得

 ソフトバンクは、傘下のBBモバイルがボーダフォン株式の公開買付けを終了したと発表した。ボーダフォンは27日にもソフトバンクの特定子会社となる見込み。

 BBモバイルは、4月4日よりボーダフォン普通株式の公開買付けを開始。買付予定株式5,199,188株に対し、応募株式総数はそれを上回る5,299,814株となった。24日、全応募株式を取得し、BBモバイルのボーダフォン株所有率は97.64%となった。買付けにかかった資金は1兆6,612億5,849万7,184円。

 ソフトバンクは今後、残り数%の株式を取得し、ボーダフォンの完全子会社化を目指すとしている。当初の発表通り、買付けには国内の買収案件としては最大規模の資金が投入された。同社では、今回の買付けが2006年度の業績に与える影響を、現時点では未確定としている。



URL
  ニュースリリース
  http://www.softbank.co.jp/news/release/2006/060425_0001.html

関連記事
ボーダフォン新役員体制が明らかに、津田氏は退任へ
ソフトバンクのボーダフォン買収、取締役は1人を除き総退陣
ソフトバンクのボーダフォン買収資金、金融機関7社から調達
ソフトバンク、ボーダフォン日本法人買収で英本社と合意
過去記事で振り返るボーダフォンの軌跡
「誰がために鐘は鳴る〜ソフトバンクのボーダフォン買収〜」


(津田 啓夢)
2006/04/25 12:32

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.