ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

セブン&アイ、独自電子マネーの名称は「nanaco」に

nanacoのカードデザイン(予定)
 セブン-イレブンなどを展開するセブン&アイ・ホールディングスは、かねてより導入を明らかにしていた独自仕様の電子マネーの名称を発表した。また、今秋導入するPOSレジには、複数の非接触IC型決済サービスに対応するマルチリーダーライターを搭載することなども明らかにされている。

 同社では、2005年11月にプリペイド型独自電子マネーの導入を発表。今回、その名称が「nanaco(ナナコ)」になるとあらためて発表された。「nanaco」は、2007年春に全国のセブン-イレブン11,000店で利用できるようになる。その後、2007年度中には、イトーヨーカドーなどセブン&アイ傘下のグループ各店舗に拡大していく。さらに同時期にはJCB加盟店など、グループ外の10,000店舗以上で利用できるようにすることを目指していく。

 2006年秋〜2007年春にかけてセブン-イレブンに導入されるPOSレジには、松下電器産業製の「マルチリーダーライター」が搭載される。新型POSレジでは、「nanaco」に加えて、他社の非接触IC型決済サービスも利用できるとのことで、JCBの「QUICPay」などが利用できるようになるという。同社では他の決済サービスについて「JR東日本のSuicaやNTTドコモのiDが利用できるよう、現在両社と交渉を行なっている。当社では基本的にオープンな形で進めていきたいと考えており、他の決済サービスについても条件が折り合えば対応を検討することになる」と説明している。

 また、セブン-イレブン各店で「nanaco」が利用できる環境を構築した後は、可能な限り早い段階で、おサイフケータイ向けクレジットサービスへの対応も予定されている。ただし、「nanaco」自体がおサイフケータイ向けサービスとして提供されるかどうかは「考えの中にはあるが、それは先の話になるだろう」(セブン&アイ広報)とのこと。

 他社の電子マネーについては、セブン-イレブンなどの店舗で利用できることに加え、POSレジやセブン銀行の新型ATMを使ったチャージ機能も提供される予定。

 「nanaco」では購入金額に応じてポイント(セブン&アイ共通ポイント)が貯まるサービスも予定されている。このポイントは「nanaco」に交換可能で、2007年度中にはグループ外企業と、2008年度以降には有力企業とのポイント連携が実施されるという。



URL
  ニュースリリース(PDF形式)
  http://www.7andi.com/news/pdf/2006/0519_01.pdf

関連記事
セブン&アイ、非接触型プリペイド式電子マネーカード


(関口 聖)
2006/05/19 12:30

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.