ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

外装パーツを付け替えられる「W42H」

W42H

W42H

オニキスブラック

オニキスブラック
 「W42H」は、サブディスプレイ側の外装パーツを付け替えられる日立製作所製CDMA 1X WIN端末。6月下旬発売予定。

 ボディカラーはオニキスブラック、マイカホワイト、クォーツオレンジの3色がラインナップされ、「カスタムバングル」と名付けられた着せ替え可能なパーツは、ボディカラーに応じて各パッケージに3種類ずつ用意されている。オニキスブラックは標準でカスタムバングルの「ツインゴールドブラック」が装着され、ツインシルバーブラックとレリーフダークが付属する。マイカホワイトには標準でツインシルバーホワイトが装着され、レリーフリスバーとレリーフホワイトが付属。クォーツオレンジの標準カスタムバングルはレリーフダークで、ツインゴールドオレンジとツインシルバーオレンジが付属する。

 カスタムバングルは、本体よりも柔軟性を持たせた素材が採用。発表会場で展示されていたカスタムバングルを、指で押しつぶそうとしても破損することはなかった。ツメで本体に固定されており、ツメを外すように側面から上方向に力をかけると簡単に取り外せる。ただし、端末を落としたときなどの衝撃では外れにくいようになっているという。また、カスタムバングルを紛失した場合は、auショップで購入できるとのことだが、価格は未定。カスタムバングル自体がオプション品として登場する予定はない。会場の担当者は「一部だけ変更するカスタムバングルであれば、さりげなく好みのデザインにできる。特にオニキスブラックは万年筆をイメージしたものと言え、ビジネス層に向けたデザインに仕上げている」と説明していた。

 ソフト面では、アスタリスクキー(*キー)を長押しすると、アドレス帳やスケジューラーの内容、待受画像、配色、着信音を2つのモード間で切り替えられる「Wシーン機能」も用意されている。外観とソフトでデザイン変更が楽しめることから、「W42H」は“キリカエケータイ”と名付けられている。なお、アドレス帳の内容は設定によって、切り替えても全件表示することができる。

 メインディスプレイは約2.4インチ、240×320ドット(QVGAサイズ)で、サブディスプレイは約0.9インチ、96×64ドット。オートフォーカス付き有効画素数約207万画素カメラを搭載しており、高感度および高速シャッターで手ぶれを軽減するようになっている。撮影時には、「人物」「風景」「夜景」など9種類のモードが選択できる。また、時刻表などを斜めから撮影した際、正面から撮影したように画像を補整する「ビジネス撮影機能」を搭載。斜めから撮影してしまった画像も補正できる「ビジネス補正機能」も用意されている。動画関連では、QVGAサイズ、15fpsの映像が録画・再生が可能。なお、動画再生ではSD-Video(ASF形式)に対応している。


マイカホワイト クォーツオレンジ
マイカホワイト
クォーツオレンジ

万年筆のようなイメージを想起させるオニキスブラック

クォーツオレンジは、黒いパーツでひきしまって見える

クォーツオレンジは、黒いパーツでひきしまって見える
 主な機能として音楽再生機能やPCサイトビューアー、PCドキュメントビューアー、辞典機能、おサイフケータイ、ICレコーダー機能、端末から10cm程度の距離で約98dBとなる防犯ブザーなどをサポート。外部メモリカードとしてmicroSDカードが利用できるが、発表会場の担当者は「512MBまでのmicroSDカードに対応する。それ以上の容量への対応については、メモリカードメーカーから発表されることになるのではないか」と説明していた。

 音楽再生機能では、LISMO(au LISTEN MOBILE SERVICE)対応で、着うたフル再生用のプレーヤー「au Music Player」を搭載。7種類のイコライザ機能がサポートされている。SD-Audio準拠の音楽プレーヤーも用意されており、microSDカードを利用して、パソコンから転送したCD楽曲が楽しめる。ただし、着うたフルとSD-Audioのシームレスな再生はできない。新たな音源チップとしてヤマハ製の「AudioEngine」を搭載しており、最長約16時間の連続再生が可能。またイヤホンカバーはスライド式となっている。FMラジオ機能も搭載する。着うたフルやSD-Audio、FMラジオを聴きながらEZwebを閲覧したり、メール作成・送受信ができる。

 パソコン向けWebサイトを閲覧できるPCサイトビューアーに関連した機能として、「待受指定」機能も用意されている。PCドキュメントビューアーではメール添付ファイルや、microSDカードか本体データフォルダに保存されたWordなどのオフィス文書が閲覧できる。

 ビジネス向けの機能としては、最長約3時間の録音ができるICレコーダー機能が用意されており、会議などでの使用に適した「会議」、自分の声でメモをとる「口述」と2種類のマイク感度が利用できる。録音音質も「標準」「容量節約」のどちらかを選択できる。また、メール作成時に、「よろしく」と入力すると「よろしくお願いいたします」と変換できる「メールサポート辞書」が搭載されている。

 辞典機能では、三省堂の「デイリーコンサイス英和辞典」「デイリーコンサイス和英辞典」「デイリーコンサイス国語辞典」のほか、日経BPの「サプリメント事典」「ビジネスキーワード」、DHCの「英会話とっさのひとこと」と計6種類の書籍が収録されている。

 おサイフケータイ対応で、セキュリティ機能として「FeliCaロック」や、一定時間だけロック解除する「クイック解除」、紛失時に他の電話から遠隔操作でロックする「遠隔オートロック」をサポート。また、従来よりもパスワードの入力桁数が増加し、4〜8桁のパスワードが利用できる。搭載されるFeliCaチップのスペックは、従来のものと同様という。またJR東日本のモバイルSuicaについては、今後試験が行なわれるとのこと。なお、同時に発表された夏モデル7機種の中では、唯一のおサイフケータイとなっている。

 このほか、赤外線通信機能や、バッテリーが少なくなった際に利用できる機能を制限することで通常よりバッテリーを持たせる「エクステンションモード」、EZナビウォーク(声de入力対応)、au ICカード、フレンドリーデザインなどが用意されている。

 連続待受時間は約270時間で、連続通話時間は約200分。大きさは約50×100×25mmで、重さが約120g。データフォルダ容量は最大約50MB。


シンプルな印象のマイカホワイト カスタムバングルを外したところ 各色3種類ずつカスタムバングルが同梱される
シンプルな印象のマイカホワイト カスタムバングルを外したところ 各色3種類ずつカスタムバングルが同梱される

オプションとしては販売されないカスタムバングルだが、クォーツオレンジ用のパーツを装着してみた カスタムバングルは柔軟性のある素材 開いたところ
オプションとしては販売されないカスタムバングルだが、クォーツオレンジ用のパーツを装着してみた カスタムバングルは柔軟性のある素材 開いたところ

キー配列 左側面 右側面
キー配列 左側面 右側面。microSDカードスロットも

底面 待受画面 メインメニュー
底面 待受画面 メインメニュー

切り替え後は、表示内容にも変化がある ICレコーダー機能
Wシーン機能で切り替えると、待受画面などが切り替わる 切り替え後は、表示内容にも変化がある ICレコーダー機能

辞書も用意されている PCサイトビューアーを搭載 本誌を見たところ
辞書も用意されている PCサイトビューアーを搭載 本誌を見たところ


URL
  KDDI ニュースリリース
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2006/0522/
  日立 ニュースリリース
  http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2006/05/0522a.html

関連記事
au、ウォークマンケータイやG’zOneなど夏の7モデル


(関口 聖)
2006/05/22 12:05

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.