ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

2.7型液晶、おサイフケータイ対応の薄型端末「W43S」

W43S

W43S
 W43Sは、2.7インチの大型液晶を搭載し、薄型ながらおサイフケータイに対応したしたソニー・エリクソン製のCDMA 1X WIN端末。

 「あかり」をコンセプトにしており、端末背面には12灯のLEDを搭載。着せ替えパネル「Style-Upパネル」との組み合わせで、着信時や音楽再生中などのシーンに応じてさまざまな光の演出が楽しめるようになっている。照度センサーを搭載し、暗い場所で充電しているとソフトな明かりになるなどの工夫がなされている。点灯パターンはメーカーサイトからダウンロードできる。

 ディスプレイは約2.7インチ、240×432ドットのワイドQVGA、TFT液晶を搭載、底面部には時刻表示用のサブディスプレイも用意される。また、ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」に搭載されたコントラストを向上させる技術に、輪郭強調技術を組み合わせたモバイル液晶用高画質エンジン「RealityMAX」が今回初めて採用されている。

 201万画素CMOSカメラを搭載し、コントラストが大きい画像の暗部を撮影後に明るく補正する「ルミナスエンジン」も利用可能。外部メモリはメモリースティックDuoおよびメモリースティックPRO Duoに対応、最大4GBタイプをサポートする。

 おサイフケータイをサポートし、携帯電話向けのクレジットサービス「QUICPay」のアプリがプリセットされる。従来通りFeliCaサインも用意され、FeliCaロックおよび端末を閉じたまま一時的な解除も行なえるようになっている。

 音楽機能は、ヤマハ製の音源チップ「MX-73i」を内蔵し、音楽の連続再生時間は約24時間となる。LISMOのほかに、メモリーカードに保存したATRAC形式の音楽ファイルも再生可能で、従来よりも高音質な音楽再生が可能なDBEX機能に対応する。パッケージには、マイク付リモコン「マイク付きミュージックコントローラー」やソニー製のステレオイヤホンが同梱される。

 このほか、PCサイトビューアー、赤外線通信機能、FMラジオ機能なども利用可能。ディスプレイが大型化したことで、画面を分割して有効に使える機能なども用意される。文字入力はPOBox ProとAdvanced Wnn V2を併用。メール機能は、受信したメールを確認しながら返信できる機能や、受信フォルダロックなどが利用可能。データフォルダは約42MBとなる。

 連続待受時間は約270時間で、連続通話時間は約200分、充電時間は約130分となる。大きさは約48×103×19.8mm、重さは約115g。デザインはは上質感を表わしたとのことで、20〜30代の女性層にアピールしていきたいという。ボディカラーはモカブラウン、カームホワイト、アンビションレッドの3色展開。


モカブラウン カームホワイト
モカブラウン
カームホワイト

アンビションレッド
アンビションレッド

W43S 端末を開いたところ 底面部にカメラ。充電池側にFeliCaがある

側面部にはスライドカバー付きのイヤホン端子、カメラボタン、EZ FeliCaボタンなどがある もう一方の側面部には外部接続端子 Style-Upパネルを外したところ。画面下のツメを外すととリア外せる。このツメはメモリースティックDuoスロットのカバーの役割をしている

底面部のカメラ付近に赤外線通信機能。ヒンジ付近にはマクロ切り替えスイッチがある FeliCaサインは「WIN」のロゴの左右。おサイフケータイを利用すると、両サイドが発光する 背面のパネルはLEDで発光

点灯パターンは変更できる。充電台のボタンを押すと、「あかり」をデモ点灯できる 着せ替えパネルと点灯パターンの組み合わせてで端末の印象はがらりと変化する パネルを外してLEDを点灯させてみた

ボディカラーに合わせて3種類の着せ替えパネルが同梱される オプションパネルも1,000円程度で販売する予定

待受画面 マンガ風のユニークなメニュー画面。吹き出しが各機能へリンクしている 背面LEDの点灯設定画面

QUICPayアプリをプリセット。従来Edyがセットされていたため、Edyの残高確認アプリもプリセットする アプリはまだ動作していなかった WIN用のUSBケーブルを接続すれば、端末をUSBマスストレージとしても利用できる


URL
  ニュースリリース(KDDI)
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2006/0828/
  ニュースリリース(ソニー・エリクソン)
  http://www.sonyericsson.co.jp/company/press/20060828_w43s.html

関連記事
au、音楽とデザインにこだわった秋冬モデル12機種


(津田 啓夢)
2006/08/28 11:09

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.