ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

松下、カラー液晶を搭載した文庫サイズの電子ブック開発

Words Gear
 松下電器産業 パナソニック システムソリューションズ社は、カラー液晶ディスプレイ搭載で文庫本サイズの電子ブック「Words Gear」(ワーズギア)を開発した。10月3日〜7日に幕張メッセで開催される展示会「CEATEC JAPAN 2006」で参考出展される。

 「Words Gear」は、SDカードに記録した電子書籍や音楽、静止画、動画などが楽しめるコンテンツビューアー。端末の名称は「言葉を紡ぐ道具」に由来して名付けられたという。

 5.6インチ、1,024×600ドット(ワイドSVGA)の透過型低温ポリシリコンTFT液晶を搭載。ディスプレイの横には、アルファベットの「E」の形をしたタッチセンサー「Eセンサー」を配し、指1本で操作できる。内蔵のリチウムイオン電池で約6時間の連続再生(電子書籍閲覧時)が可能となっている。大きさは105×152×28.4(最薄部18.5)mmで、重さが325g。ボディカラーはホワイト。

 対応する電子書籍配信フォーマットは、電子ブック「ΣBook」で採用されているSD-ePublishで、コンテンツの価格は紙書籍より2〜3割安くなる。閲覧可能な動画フォーマットはMPEG-4となる。松下電器では、年内にもネットおよび一部書店で発売する予定。価格は40,000円前後となる見込み。

 また、松下電器、角川モバイル、TBS(東京放送)の3社は、電子書籍事業を展開する新会社「ワーズギア株式会社」を10月2日に設立する。新会社では「Words Gear」の企画・販売など、ハード・ソフトの両面からサービスを展開し、携帯電話やパソコン向けのコンテンツ配信サービスも進めていく方針。10月2日には、パソコンと読書端末向けポータルサイト「最強☆読書生活」を立ち上げる予定だ。

 なお、新会社の代表取締役は松下電器の大槻隆一が就任する。資本金は2億3,750万円で、出資比率は松下電器が49.9%、角川モバイルが42.1%、TBSが8.0%となる。



URL
  ニュースリリース
  http://www.panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn060926-1/jn060926-1.html
  ニュースリリース
  http://www.panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn060926-2/jn060926-2.html


(津田 啓夢)
2006/09/26 13:34

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.