ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

MNP利用希望者はソフトバンクがトップ、転出希望先はauが断トツ

 サーベイリサーチセンターは、携帯電話向けWebサイトを利用したアンケート調査で、携帯電話の番号ポータビリティ制(MNP)の利用意向について調査した。調査期間は10月17日〜20日で、有効回答数は6,107人、全国10代〜70代の男女から回答を得た。

 調査の結果、携帯電話の変更以降は1割、変更意向なしは66%、「まだわからない」の回答が23%となった。変更時期については、すでに番号ポータビリティ制の仮予約を行なっている人はわずか0.5%に留まり、年内の変更意向者は1.7%、半年以内が0.9%、1年以内が0.8%と続いた。ただし、変更時期が未定の変更意向者は10.9%となっている。

 転出元となる携帯電話事業者別の変更意向者は、ソフトバンクモバイルが21.5%と圧倒的で、NTTドコモが9.7%、auが7.1%と10%以内に抑えている。一方、「まだわからない」と回答したユーザーが22.8%もいることから、サーベイリサーチセンターでは「今後の各社の戦略次第では、この層が流れる可能性もある」と予測している。

 MNPを利用しない理由については、「長期割引きが使えなくなるから」が61.6%と高く、以下「現在の携帯電話会社に満足しているから」が56.3%、「メールアドレスが変わるのが嫌だから」が49.7%で上位となった。

 なお、現在の携帯電話事業者に満足していると回答したユーザーは、auが72.8%と高く、ドコモの47.4%、ソフトバンクモバイルの38.9%を大きく引き離した。変更希望先の事業者についてもauの割合がトップとなった。なお、auからの変更希望先はドコモが46.3%ともっとも高くなっている。



URL
  サーベイリサーチセンター
  http://www.surece.co.jp/


(津田 啓夢)
2006/10/23 12:49

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.