ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

GfK調査、MNP開始前後の携帯電話販売動向

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK)は、携帯電話の番号ポータビリティ制度(MNP)の開始前後における携帯電話の販売動向調査結果を発表した。量販店のPOSデータを元にした結果となっている。

 同調査によれば、2006年10月で平日の携帯電話販売台数を100とした場合、MNP開始以降の10月24日〜27日には169まで伸びたという。また、10月22日までの土日の販売台数は273だったが、10月28日・29日は計445となっていることが明らかとなった。

 販売台数からキャリア別シェアを見るとMNP開始前は、NTTドコモが51%、auが34%、ソフトバンクが15%だったが、MNP開始後、29日まで調査したところ、ドコモ46%、au36%、ソフトバンク18%となっており、ドコモだけがシェアを落とした格好となった。スタート日である24日のデータを見ると、ドコモ43%、au45%、ソフトバンク12%となっており、auが他社を圧倒している。またソフトバンクが新スーパーボーナスを明らかにした26日は、ドコモ44%、au35%、ソフトバンク21%となっており、ソフトバンクが盛り返している。

 このほかMNP予約番号開始後の端末売上ランキングも明らかにされた。それによれば1位はNTTドコモのSH903i、2位はauのW43S、3位はauのW43H、4位はソフトバンクの905SH、5位はドコモのSH902iS、6位はauのW45T、7位はドコモのP902i、8位はドコモのFOMAらくらくホンIII(F882iES)、9位はauのA1406PT、10位はドコモのN702iDとなっている。



URL
  ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン
  http://www.gfkjpn.co.jp/


(関口 聖)
2006/11/02 15:57

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.