ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

au、デジタルラジオやビデオクリップなど新サービス

デジタルラジオ

デジタルラジオ。701chでは、音声と映像とデジタル放送の番組をデモ

702chは音声とデータ放送の番組だった

ワンセグとデジタルラジオ、EZチャンネルプラスが閲覧できるアプリを用意
 デジタルラジオは、高音質な音声コンテンツを中心とした番組が楽しめる次世代ラジオ放送。12月1日から実用化試験放送が開始される。

 実用化試験放送が開始されるのは、「3セグメントデジタルラジオ放送」と呼ばれるもの。音声とデータ放送の番組や、音声と簡易動画とデータ放送の番組など中心となる。試験放送の許可を得ている東京・大阪で1日20時間の放送が開始され、以降2011年まで全国に展開される予定だ。

 特徴は、放送波に乗せてコンテンツの提供も可能な点だ。例えば、放送で流れている楽曲の着うたフルやビデオクリップを、番組を楽しみながら受信することが可能となる。放送波に乗せて受信するため、当然パケット通信料は発生しない。

 10MB程度のコンテンツまで配信が可能で、LISMOの「ビデオクリップ」と同じく、H.264形式、320×240ドットの映像が提供される。

 ワンセグの表示画面と同じように、映像と音声のほかにデータ放送の表示部分がある。放送波で受信できるコンテンツがある場合、データ放送部分に取得アイコンが表示される。選択すると、番組を視聴しながら、バックグラウンドでコンテンツを受信。受信が完了すると、ポップアップ表示で携帯電話のデータフォルダに格納されたことが通知される。

 取得したコンテンツはデータフォルダ内の新たなフォルダに記録され、利用する場合はここでライセンスキーを購入する。着うたフルや着うたの価格は、パケット通信でダウンロードした場合と同額で、映像コンテンツもLISMOの「ビデオクリップ」と同じ525円程度になる。

 なお、デジタルラジオの伝送速度は最大660kbps程度。着うたフルを放送波で受信した場合1分程度、音楽クリップの場合4分弱程度かかる。

 注意が必要なのは、コンテンツの受信に放送波が利用されている点だ。コンテンツは、番組放送中に取得アイコンが表示されている時にしか受信できない。一旦受信が開始されれば、番組終了後でも最後まで受信できる。ただし、受信中に地下やトンネル内など放送波の届かないエリアに入り、既定時間(30秒)を過ぎればコンテンツの受信は最初から行なうことになる。


サービス概要 放送を利用して音楽コンテンツなどをダウンロードできる

LISMOの「ビデオクリップ」

サービス概要
 KDDI、沖縄セルラーは、総合音楽サービス「LISMO」において、J-POPアーティストの音楽ビデオなどをダウンロードできるサービス「ビデオクリップ」の提供を12月初旬に開始する。

 着うたフルと同等の音質と、ワンセグと同等の画質でビデオクリップがダウンロードできる。ダウンロードしたファイルを着うたフルのように、着うたとして切り出して着信設定も行なえる。

 ファイル形式は着うたフルの拡張フォーマットとなり、音声コーデックはHE・AAC、映像コーデックはH.264。サービス開始時は、W44S、DRAPE、W47Tに対応し、今後はCDMA 1X WIN端末で標準サポートとなる予定。

 スタートと同時に6サイトがオープンする。レーベルモバイルの「レコード会社直営♪ビデオクリップ」、エイベックス ネットワークの「avexミュージックビデオ♪ミュゥモ」、ゼットの「BEING GIZA フルムービー」、ダイキサウンドの「D-Soundモバイルムービー」、レーベルゲートの「mora【音楽ビデオをモーラ】」、ソニー・ミュージックネットワークの「Sony Music Full VC」がオープンし、約2,000曲が提供される。

 利用料はコンテンツ毎に異なるが、中心価格帯は1ダウンロードあたり525円となる。公式メニューの「ビデオクリップ」からダウンロードする。


対応端末。今後の端末は標準対応の予定 対応サイト

au Music Portもバージョンアップ

改善点
 「ビデオクリップ」のスタートに伴って、パソコンと携帯電話を連携させる音楽ソフト「au Music Port」の最新版となるver.3.0も公開される。既存のユーザーもバージョンアップできる。

 新バージョンでは、従来の着うた/着うたフルの転送に加えて、ビデオクリップも転送できる。パソコンで楽曲のビデオクリップが楽しめるようになる。また、インターフェイスも改善。従来よりも使いやすさや見やすさを考慮したレイアウトになっているという。

 ファイルインポート機能も拡充され、AAC(.m4a)/WMA/WAVの各形式のインポートをサポート。リッピングする際に32〜128kbpsの間でビットレートも選べるようになる。


レイアウトが変更 楽曲データの転送時は上下2分割表示でわかりやすくした

パソコンでビデオクリップを表示 EXILEの動画データは8.8MB程度だった


URL
  LISMO新サービス ニュースリリース 
  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2006/1116a/

関連記事
au、ワンセグ・デジタルラジオ対応の「W44S」12月上旬発売
au、デジタルラジオでさらなる顧客満足度の向上を


(津田 啓夢)
2006/11/16 16:39

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.