ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

イー・モバイル、HSDPAサービスを3月末スタート

 イー・モバイルは19日、携帯電話事業への新規参入によって2007年3月から開始するデータ通信サービスの内容を発表した。あわせて、シャープ製のWindows Mobile端末「EM・ONE(エムワン)」を披露した。


サービス名称は「EMモバイルブロードバンド」

EM・ONEを2年契約で購入するときの料金

EM・ONEを2年契約で購入するときの料金
 3月31日にスタートする新サービス「EMモバイルブロードバンド」は、下り最大3.6MbpsのW-CDMA方式(HSDPA対応)を採用するデータ通信サービス。パソコンに接続した場合も含め、全て定額で利用できる。サービスそのものは3月31日スタートだが、3月1日から量販店などで予約を受け付ける。

 また、かねてより明らかにされている通り、開始当初はデータ通信サービスのみ提供され、音声通話サービスは、2008年3月から開始される予定。2008年3月〜2010年11月までの約2年間はNTTドコモとローミングして、全国で利用できるようになる。

 同時発表された端末は、Windows Mobile 5.0搭載のシャープ製「EM・ONE(S01SH)」、NECインフロンティア製のPCカード型「D01NE」、ネットインデックス製のCFカード型「D01NX」、OPTION製のExpress Card型「D02OP」、詳細は不明ながらHuawei製のUSB接続型の4種類。このうち、3月31日に登場するのは、EM・ONEとD01NEの2機種となっている。

 また、MNP(携帯電話の番号ポータビリティ)については、NTTドコモのローミングが開始されるまで、利用できない。


EM・ONE D01NE
EM・ONE
D01NE

料金プラン

5月31日まで月額基本料が無料に

5月31日まで月額基本料が無料に
 料金プランは、ノーマルな「データプラン(ベーシック)」、1年契約の「データプラン(いちねん)」、2年契約の「データプラン(にねん)」の3種類。いずれも月額利用料は5,980円。ただし、初期費用(端末価格含む)が契約期間によって異なっている。あわせて発表された「EM・ONE」の場合、「ベーシック」で契約すると、初期費用は95,000円、「いちねん」では71,000円、「にねん」だと39,800円になる。

 またベーシックは、1年単位の継続利用割引「年とく割」を契約すると、月額4,980円で利用できる。「年とく割」の解除料は3,150円。「年とく割」は「いちねん」「にねん」では契約できない。「いちねん」「にねん」ともに契約期間が満了すると、自動的にベーシックへ移行する。なお、いずれの契約でも事務手数料2,835円が必要。

 また中途解約する場合、「いちねん」「にねん」は経過期間に応じた解除料がかかる。「いちねん」の場合、初期費用がベーシックよりも24,000円安いが、この価格が解除料になる。この解除料は1年経つとかからなくなる。つまり解除料は毎月2,000円ずつ減少することになり、契約直後の解約では24,000円かかるが、1カ月後の解約では22,000円に、2カ月後の解約は20,000円になる。

 「にねん」で解約する場合、「いちねん」と同じ形の解除料がかかる。ただし、ベーシックとの差額は55,200円だが、解除料は最大48,000円になる。7,200円は販売にかかる一時金のような扱いとなり、「にねん」契約時も毎月解除料は2,000円ずつ減少し、2年後には解除料がなくなり、ベーシックプランに移行することになる。

 19日の発表会場では、担当者が「5,980円という価格で提供できるのは、後発であるがゆえに基地局コストなどが他社よりも安く押さえられたため。また、既存顧客がいれば値下げ=減収となるが、新規という顧客獲得を優先する立場のため」と語っていた。


サービスエリアとショップ

関東のエリア展開イメージ

関東のエリア展開イメージ
 サービスエリアについては、開始当初は東京都23区内、名古屋市、大阪市、京都市となっている。その後の展開としては、2007年6月末までに、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の国道16号線の内側、兵庫県神戸市および大阪市近郊都市部とされている。その後は、全国主要都市へ順次拡大する。また音声サービスの開始後は、NTTドコモとのローミングによって、全国で利用できるようになる。

 量販店およびオンライン通販で取り扱われるが、キャリアショップとしての機能を果たす独立店舗は展開しない予定。ただし、量販店内に同等の機能を果たすコーナーが設けられるという。


こちらは東海 関西のエリア展開イメージ
こちらは東海 関西のエリア展開イメージ

ADSLとのセット、開始時のキャンペーン

 さらに、同社の親会社であるイー・アクセスのADSLプラン(下り最大10Mbps)をセットで申し込むと、ADSLサービスが月額1,500円で利用できる。

 サービス開始を記念したキャンペーンとしては、5月31日まで月額基本料が無料になる。また、2009年2月末までに、EMブロードバンドとADSLサービスをセットでも申し込むと、月額基本料の合計金額から月額1,500円を無期限で割り引く「無期限セット割キャンペーン」も実施される。



URL
  ニュースリリース
  http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=450


(関口 聖)
2007/02/19 14:40

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.