ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

ノキア、クアルコムに2,000万ドル支払うも泥沼化〜特許問題

 ノキアは、米クアルコムに対し、2007年第2四半期までの特許ライセンス使用料となる2,000万ドルを支払ったと発表した。

 両社は、携帯電話関連技術の特許を巡って現在係争中の訴訟を複数抱えている。ノキアの発表は、2007年第2四半期までの特許ライセンス使用料として、米クアルコムに2,000万ドルを支払ったとするもの。ノキアによれば、同社と米クアルコムは1992年に複数のライセンス契約を取り交わし、その中には2007年4月9日までに期限が切れるものもあるという。ただ今回の支払いは、古い契約との関連はなく、欧州通信規格協会(ETSI:European Telecommunication Standardization Institute)関連のものになるとしている。

 またノキアでは、将来的に今回と同様の支払いを行なう方針を示し、2007年までに同社が支払ったW-CDMA方式の端末へのライセンス使用料は3%未満とした。このほか、ノキア側では、米クアルコムがライセンス料金の値上げといった措置をとった場合でも、ノキアが保有する特許で埋め合わせできるとした。

 一方の米クアルコムでは、米国仲裁協会(AAA:American Arbitration Association)に対して、一連のライセンス問題の調停を求めたことを明らかにした。同社はAAAに対し、ノキアが米クアルコムの特許を使用する場合に従来と同じロイヤリティを支払うこととを要求。さらに、4月9日以降、ライセンスに関してノキアが米クアルコムを訴えた場合に、米クアルコムが保有する特許の使用を禁ずることなどを求めている。

 なお、米クアルコムでは、ノキアがライセンス料の支払いに関する発表を行なったことを受けて、ノキアの発表が一方的なものであり、ライセンス料を勝手に決定する権利はないと主張している。同社は、消費者を例に挙げてノキアの行為を説明し、店にある商品の価格の一部をカウンターに置いたまま持ち去る行為だとし、わずかなお金をカウンターに残したとしても違法であるとしている。

 さらに、ノキアがW-CDMA製品に対する3%未満のライセンス使用料を支払ったとアナウンスした内容については、当てにならず紛らわしいものと主張している。



URL
  ニュースリリース(英文、ノキア)
  http://www.nokia.com/A4136001?newsid=1117288
  ニュースリリース(英文、クアルコム)
  http://www.qualcomm.co.jp/press/releases/2007/070405_files_arbitration_demand.html

関連記事
ノキア、携帯技術特許を巡りクアルコムを提訴


(津田 啓夢)
2007/04/06 20:45

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.