ケータイ Watch
最新ニュースIndex
【 2009/06/26 】
携帯フィルタリング利用率は小学生で57.7%、総務省調査
[17:53]
ドコモ、スマートフォン「T-01A」を28日より販売再開
[16:47]
ソフトバンク、コミュニティサービス「S!タウン」を9月末で終了
[15:51]
ソフトバンク、ブランドキャラクターにSMAP
[15:34]
カシオ、携帯での閲覧にも対応した画像変換ソフト
[14:56]
テレビ朝日、iモードで動画配信「テレ朝動画」を開始
[13:54]
ファーウェイ、東京に「LTEラボ」開設
[13:22]
SoftBank SELECTION、iPhone 3GS向けケース3種発売
[13:04]
「G9」の文字入力に不具合、ソフト更新開始
[11:14]
アドプラス、iPhone 3G向けコンバージョンレンズ
[10:41]

HTC、東京・新宿に期間限定カフェ

HTCモバイルインターネットCafe

HTCモバイルインターネットCafe

店内に「X01HT」が展示されている

店内に「X01HT」が展示されている
 HTCは、東京・小田急電鉄の新宿駅西口改札外にある「Q'sCafe」内において、期間限定の「HTCモバイルインターネットCafe」をオープンした。4月30日まで、期間中無休で開設されており、国内外のHTC端末が展示されている。

 「HTCモバイルインターネットCafe」では、HTC製のスマートフォンを展示し、その操作感を体験できる。カフェ内にはソフトバンクモバイル端末「X01HT」が15台用意され、実際に操作できるようになっている。操作方法などがわからない場合に備えて、専門スタッフが常駐する。なお、店舗自体の営業時間は7時〜22時だが、専門スタッフがいる時間は12時30分〜20時30分となっている。

 さらに店舗の一角では、海外向けHTC製スマートフォンが展示されている。電波法の関係もあり、ケース内での展示となっているが、X01HTと似たギミックの「S710」や、テンキー操作の「S310」などのほか、2月に開催された「3GSM World Congress」などで紹介された「HTC Advantage(U1000)」の実機も展示されている。これらの機種のうち、取材時には「S710」のみモックアップだったが、その他はいずれも実機とのこと。

 カフェをオープンした理由について、HTC Nipponのマーケティング担当者は「既にインターネットカフェが多くある中で、より小型の端末でネットを楽しめる場所というイメージで開設した。日本一乗降客数が多いという新宿駅に面した場所で、(借受けられる)ちょうど良い店舗があったということで、この場所で展開することにした」と語っていた。また、「海外向け端末を紹介するのは、まだ知名度が低いHTCの活動内容、ラインナップの幅広さを伝えるため」という。


複数人で利用するテーブルにも端末を設置 海外向け端末はケース内展示
複数人で利用するテーブルにも端末を設置 海外向け端末はケース内展示

HTC公式イベントでは国内初登場の「HTC Advantage」 ディスプレイ部の右側面
HTC公式イベントでは国内初登場の「HTC Advantage」 ディスプレイ部の右側面

こちらは左側面 モックアップ展示の「S710」
こちらは左側面 モックアップ展示の「S710」

テンキー操作の「S310」 QWERTYキーを装備する「S620」
テンキー操作の「S310」 QWERTYキーを装備する「S620」

スライド型の「P4350」 こちらは「P3350」
スライド型の「P4350」 こちらは「P3350」

トレイのシートもHTCのものに
トレイのシートもHTCのものに


URL
  HTC Nippon
  http://www.japan.htc.com/

関連記事
HTC、小田急新宿駅で期間限定カフェオープン


(関口 聖)
2007/04/11 12:39

ケータイ Watchホームページ

ケータイWatch編集部 k-tai@impress.co.jp
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.